« かんばん | トップページ | 3週間 »

2008年11月 1日 (土)

バジルのパスタ

先日、今年最後(と思われる)の自家製バジルを使ってパスタを作りました  あの独特の匂いがたまりません!

Bajirupasuta 使ったバジルは、6月に近くの花屋さんでバジルの苗を買ってきて、プランターで育ててきたものです  無農薬バジルなり

夏の太陽のエネルギーをタップリ吸収してすくすく育ってきましたが、さすがに、10月末にもなると、頭打ち  おそらく今年最後の収穫です

バジルは、シソ科の一年草  シソと同様、夏の間は、葉につく虫との格闘です ただし、殺虫剤は使いません  また、できるだけ無益な殺生はしないように、捕獲した虫は遠くのヤブに逃がします  最後の収穫の時には、可憐な白い小さな花が咲いてました

バジルは主に夏に収穫されるので、夏野菜に分類されると思われます 夏の間は、スクスク育つので、たっぷり収穫できます  それをフードプロセッサーかミキサーでバジルペーストにしておくと ドレッシングやパスタソースに使えて重宝します

カオさんは、バジルペーストを天然酵母のパンに練りこんでバジル風味のパンを作っておりました!

バジルペーストは、バジル、松の実(クルミなど他のナッツ類でもOK)、ニンニク、オリーブオイル、塩少々で作れます パスタにするときは、パルメザンチーズも一緒に混ぜるとイタリアンな感じにもなりますね   もっとサッパリさせたいのなら、オリーブオイルもチーズも入れずに豆乳でコクを出すのもいいです

しかし、そんな夏野菜を10月末にいただくのは、旬から見れば時期遅れですね~夏野菜は体を冷やす傾向があるので、涼しくなってきた今の時期には適さないかな

でも、温暖化している現代では、バジルの旬もズレているのか? バジルから温暖化を連想した一日でした  

                                                                                                 kuma

« かんばん | トップページ | 3週間 »

食卓より・家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

バジルペースト、やはり新鮮な自家製が一番ですが、今回作ったものは、夏のものとはエネルギーが大分違い、独特な苦味もかなりおとなしく、インパクトに欠けました。栄養成分も違うだろうなと。
旬というのは大事ですね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バジルのパスタ:

« かんばん | トップページ | 3週間 »