« ビワ葉狩り♪ | トップページ | 手拭いも冬の装い »

2008年11月28日 (金)

風邪に鍼灸

風邪、急性期は別として、日常生活が送れる程度の風邪症状には鍼灸をうまく使い、からだの排泄、とどこおりの改善を促進すると、風邪が軽めにスムーズに乗り越えられ、おからだもスッキリとしやすいです。

鍼灸通の方は、風邪の初期症状だと気づくと、治療に駆け込んでくださいます。その効果は浅い風邪の方ですと、翌日に持ちこさず、すっきりと治る方もいらっしゃいますし、喉や鼻などの症状が緩和され、症状を溜め込みずに改善に導けます。

これまで施術者側の効果は患者さんのご様子、お言葉で実感しておりました。喉の痛み、鼻のつまりが落ち着き、痰や鼻水として排泄物が出され、軽くなるといったことや、これから強まるだろうな~と感じられただるさ、発熱がすっとひいてしまい、驚きました!と翌日お元気そうにご連絡を下さる方も。

私自身としては風邪をひくことが少ないのですが、このたび、無事に風邪をひきました!?この週末冷えたのか、週明けに喉が痛み、微熱気味に。

チャンス!とばかりくまさんに治療をお願いしました。風邪はバランスが崩れた身体を調整してくれようとして起こる、自己調整といえるます。

今回は熱がある程度出て、その分、痰や鼻水も黄色く熱性のものとなっていました。さらさらしたものは出やすいですが、どろどろしたものは出にくい。滞っているな~と実感でき、うっとおしかったのですが、まず鍼で腎肺のめぐりをよくして、背中のゆがみを整えて、お灸で暖めてもらい、最後にとどこおりの部分を鍼で流してもらいました。

う~ん、効きました♪二日ほどやってもらって早めに改善しているのが実感できました。

体力が落ちていると、風邪は長引きます。普段の養生が一番肝心ですが、万一風邪をひいてしまったら、鍼灸で改善を促進してみてはいかがでしょうか?

kao

« ビワ葉狩り♪ | トップページ | 手拭いも冬の装い »

鍼灸治療」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風邪に鍼灸:

« ビワ葉狩り♪ | トップページ | 手拭いも冬の装い »