« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

ホッケもヌカ漬け♪

冬のなるとホッケを食べたくなります あのジューシーな厚い身がたまりません♪

先日、近くのスーパーで生のホッケが売っていたので、迷わず買いました

Photo_2  ホッケといえば、そのまま焼いて食べるのが普通でしょう でも、我が家は、ホッケもヌカ漬けにしてしまいます!  初めての試みなので、どうなるかワクワクでした~♪

セオリー(←あくまで我が家のですが)通りに、ホッケの切り身をローズマリー入りのヌカ床に埋めていきます  漬けてから3日間、冷蔵庫で寝かせて下ごしらえですPhoto_3

で、ヌカを落として焼いてみました  これが、期待通りに深みのある味になりました! サワラなどサッパリした魚がヌカ漬けにあうかな?と思っていたのですが、どっこい、脂の乗ったホッケもヌカ漬けに合いますね  ヌカ床の乳酸菌のお陰で身がより軟らかくなっているのもイイ感じでした

我が家の食卓では、発酵食品が占める割合は増える一方です♪

kuma

2009年1月28日 (水)

カムカナ登場!

先日 近くの自然食品店「むさしの」のSさんから、玄米を加工した食品をいただきました

Photo_2  その名は「カムカナ」  名前の由来ですが。。。「カム」は、「ウェルカム」と「噛む」  「カナ」は、どこかの国の言葉でお米を意味するそうです

この「カムカナ」 玄米をお手軽に食べたい方にはもってこいの食材です  そのままだと硬いのですが、熱を加えると軟らかくなり食べやすくなります   例えば。。。

トースターやフライパンで焼いて、色々トッピングしてもいいです  私たちは、くるみみそPhoto_3 をのせてみました

また、スープやブイヤベースのような汁物にいれてもいいです  玄米のキリタンポのような感じになります

Photo_4 その他、工夫すれば色々たのしめそうな食品です  時間はないけど、玄米を食べてみたい方にはオススメです♪

「むさしの」のSさんは、食について色々と造詣が深い方でお話していると勉強になります また、ご自身も食に気を使っておられるので、肌つやがよく若く見えます  やはり、食は健康の基本ですね

カムカナは、「むさしの」のオリジナル商品とのこと  カムカナに興味のある方は「むさしの」に足を運ばれてみてはいかがでしょうか

「むさしの」の連絡先は  ℡:03-5747-5245  〒146-0085 東京都 大田区 久が原 3-12-9-102  です

kuma

2009年1月27日 (火)

冬の川乗山へ

昨日は、よく晴れたので また山にいきました

場所は、奥多摩の川乗山   奥多摩駅から本仁田山を経由して登り、下りは鳩ノ巣駅へ

S_002 平日の冬山なので、ほとんど登山者は見かけず、静かな山行となりました  聞こえるのは木々の擦れる音と風の音くらい

海抜1200メートル位からは雪がついていて、今年初めて雪を踏む感触を楽しめました

午前中はとてもよく晴れ、本仁田山と川乗山の間の縦走路からは、鷹ノ巣山方面が綺麗に見えましたし、 思いのほか暖かく、気持ちのよい山行となりましたS_003_2

それでも、やはり冬なので1メートル位のツララをいくつか見かけましたね  今回は、動物そのものは見ることができませんでしたが、雪の上に鹿の足跡や、タヌキらしき足跡をみることができ、奥多摩にも野生動物が生きづいてS_004 いることを実感  

登り4時間、下り2時間半となり、ほどよい疲労感と新鮮な山の空気を堪能でき、満足な山行となったと思います

あと、今回の山行では、より疲れない身体の使い方を体感できました  山にいく2日前に参加した、あるセミナーで習得した視点です  このことについては、また別の機会に書くことにします

kuma

 

2009年1月25日 (日)

冷え対策に温冷浴

昨日は寒かったですね~  今年の冬は前半が暖かかったためか、最近の寒さをキツく感じている方も多いのではないでしょうか?  そんな寒い夜には、「温冷浴」が効果的です

簡単にいうと、熱い湯船と水浴びを繰り返す入浴法です  西式健康法でも紹介されています  西式健康法では、けっこう厳密なやり方を紹介していますが、私は面倒なので自己流にアレンジしてやっております  やり方は以下です

1.まずしっかり湯船に浸かって温まる  湯船の温度は熱めにします

2.十分に温まったら、湯船から出て、足先・手先 → 膝下・肘下 → 腰から下・肩から下 → お腹 → 首から下 → 最後に思い切って頭からザブンと! それぞれ、洗面器一杯ずつかぶります

3.また湯船につかって60位数えます ジワ~っと身体全体の末梢の毛細血管が広がる感覚になります  慣れてくるとクセになりそうです(笑)

4.1~3を3回位繰り返して お終いです♪

西式では、最初に水をかぶるのですが、それはあまりにキツいので、私は最初は温まることにしています   冬場は水だとキツイ方は、ぬるま湯から始めてもいいと思います

ポイントは、最後に水をかぶって全身の末梢血管を引き締めて終わることです  その意味は、以前のブログ(「湯冷めにご用心」)をご覧ください

最後に水をかぶって終わるなんてとんでもないと思われるかもしれませんが、騙されたと思ってやってみてください  必ず後から身体の芯からポカポカしてきます!

ポカポカしてこなかったとしたら、最初の温まり方が弱いのが原因だと思いますので、その次からは、もっと温まってから始めてみてください

これとビワ葉風呂をコラボすれば、鬼に金棒です♪

kuma

2009年1月24日 (土)

骨を大切に♪

先日、骨が東洋医学でいうところの「腎」に関係していて、体の基本になる、と書きました  

今日は、骨を大事にしない食生活をされている方が何気に多いので、それについて

意外に知られていないのが、「白砂糖が骨を弱くする」ことです

白砂糖は、その精製過程で化学薬品を大量に使うことにより、サトウキビの時点で含まれていたビタミンやカルシウム等を完全に失ってしまっています   その白砂糖が体内に入ると、その分解のために、皮肉にもその精製過程で失ったビタミンB1やカルシウム等を必要とします  

ですから、白砂糖を日常的に摂り過ぎると、血液中のカルシウム濃度が低下し、それを補うために骨からカルシウムが溶かし出され、血液中に補給される結果、骨がスカスカになっていくのです

また白砂糖は、その分解のためにビタミンCも必要とされますが、ビタミンCは骨や皮膚をつくるのに重要なコラーゲンの合成に不可欠です

このように、白砂糖は、既にある骨を弱くし、新しい骨の生成も妨げる困ったものです  しかも、お肌にも悪いようですね~ お肌の調子のいまいちな女性にとっても大問題です!

とはいえ、「甘いものを摂るとしあわせ~」という方が多いのも事実 

そのような方は、質のよい黒砂糖(安いものは、白砂糖が混ざっているとのことです)やハチミツで甘みを楽しむのが、美容のため、後々の健康のためにはオススメです

kuma

2009年1月22日 (木)

漢字で楽しむ

今月の17日の朝刊を読んでいたら、新常用漢字として191字が追加された、との記事を見つけました  嬉しいことに、私の名前の一字の「熊」という字も常用漢字の仲間入りです♪

ご存知の方も多いと思いますが、漢字というのは元来、象形文字です  その形を見れば大抵意味が分かるものとして生まれてきました  鍼灸は古代中国で発明されたので、鍼灸に関して中国の古典の書籍は沢山あります  鍼灸の古典を読んでいると、何気に古い漢字の方が形からその意味が分かりやすいように思います

例えば、「体」という字  旧漢字では、「骨」を左に書いて(←へん)、右に「豊」(←つくり)と書きます  今の字体でも「人」の「本」ということで、人のおおもとになるのが「体」というとも考えられ、「体」は人の基本になるんだな~って分かります   しかし、「骨」は、いろいろなものの基本ですよね  「屋台骨」とかいいますし  その骨が「豊」という方が、より体が人の基本になるものなんだってイメージが湧きませんか?!

ここで、ふと思ったのは、骨と「腎」の関係です   鍼灸の古典理論の陰陽五行説では、骨は「腎」との関係が強いとされています   東洋医学での「腎」とは、一言でいえば、その人の生命力をあらわす概念です   ここからも、骨は体の基本だといえますね 

何気なく使っている漢字を、よくよく味わって見てみると色々なことがイメージできて楽しいものです♪

kuma

2009年1月21日 (水)

転ばぬ先の杖

最近、新聞でインフルエンザが猛威を振るっているとの記事をよく目にするようになりましたね 末廣堂の患者さんにも予防のためにマスクをしている方が増えてきました

厚生労働省の今月16日の発表によると、インフルエンザで治療薬タミフルの効かない耐性ウイルスが今季、調べた11都道府県すべてで見つかったとのこと

でも、こうなることは予想できたことです ウイルスは、短期間にどんどん進化していくものですから

インフルエンザのワクチンも既にある型に対するものなので、進化して型の違うウイルスには無意味になってしまいます。。。

では、どうすればよいのでしょうか? 

やはり、各自が自己免疫力を高めていくしかないのではないでしょうか  インフルエンザにかかりやすいのが、小さなお子さんやお年寄りに多いのは、比較的免疫力が弱いからでしょう  

援軍(ワクチン)に頼る前に自衛軍(自己免疫力)を強化していくべきだと思います  それでもインフルエンザにかかってしまうこともあるでしょうが、自己免疫力が高ければ、経過は軽くすむでしょう

末廣堂の患者さんに、最初の不快症状が治まった後にも健康管理のために定期的に鍼灸治療を受け続けている方がいますが、風邪をひきにくくなったというお話を聞きます  

鍼灸治療で血液循環をよくし排毒を進めていけば、免疫力も高まることでしょう

定期的に美容院に髪を整えにいくように、定期的に身体の中も鍼灸治療で整えていきませんか?  

転ばぬ先の杖です♪

kuma

2009年1月20日 (火)

馬ブドウ酒

我が家では、いくつか薬酒をつくっておりまして、今回は、そのうちの一つを紹介します

馬ブドウの焼酎漬けです

馬ブドウの出会ったのは、昨年の夏の北アルプス登山の帰りに立ち寄った、飛騨の産地直売所でした  現地でもなかなか出回らないとの話と馬ブドウという名前に興味津々  迷わず買って帰りました

Umabudou2 焼酎漬けにするには、まだ熟していないうちから漬け込みます 3ヵ月した頃にはコハク色の綺麗な色に漬けあがりました♪

馬ブドウは野ぶどうとも呼ばれるブドウ科のつる草  東北地方を中心とした地域では、古くから馬ブドウを採取し、 リウマチや神経痛、関節炎に効く民間薬として 利用してきたほか、肝臓を強くするとも言い伝えられてきました    東洋医学でも、根、実、茎、葉の全草のすべてに薬効があると考えられています

中国古来の薬草学を集大成した書物「中薬大辞典」には、効能として「清熱」と「解毒」作用があると載っています    リウマチや関節炎などは患部に熱を持っていますから、その熱を冷まし(=清熱)患部の毒を取り去る(=解毒)というわけです

注目すべきは、馬ブドウが肝臓病に効くことが最近の研究で明らかになってきていることPhoto です   肝臓が炎症を繰り返したり、アルコールや薬物によって肝機能障害を起こしたりすると、肝細胞が破壊され、そこが繊維成分におきかえられていきます   その部分の細胞は死んでしまい、さらにその周りの繊維化が進みます   こうして肝臓全体が機能しなくなってしまうのが肝硬変です   馬ブドウの抽出液に繊維形成阻害成分があることがわかりました。さらに、うれしいことには、 太く束になった繊維をほぐして、元の状態になることも報告されています

ストレスや薬、食品添加物でお疲れ様の肝臓をお持ちの方には、馬ブドウ酒がオススメです

また、日々、養生に少しずつ飲むと免疫力がUPして風邪もひきにくくなるとか

もちろん、鍼灸治療も受けていただいて巡りをよくし排毒を後押しすれば、より効果UPです♪

kuma

2009年1月19日 (月)

ヌカ漬け生活

我が家の食生活のベースの一つとして、ヌカ漬があります

Photo 今回は、長いもを漬けてみました シャキシャキとした歯ごたえとヌメリも楽しめて、なかなか美味いヌカ漬けに仕上がりました♪

このヌカ漬 刻々と味が変わっていくので、つくづく「生きた」食べ物だな~って思います 

漬かり具合のファクターは、今、自分なりに考えているのは以下です

1.漬けている時期(夏は漬かりやすく、冬は漬かりづらい → ヌカ床を暖かいところに置けば早く漬かる)、  2.漬けている時間(長い程、漬かる)、  3.塩をすり込んでいるか否か(塩をすり込むと早く漬かる)、  4.食材の皮を剥いているか否か(剥いている方が早く漬かる)、  5.食材のカットの大きさ(小さくカットすれば早く漬かる)、   6.食材の固さ(軟らかい方が早く漬かる、根菜は比較的漬かりが遅い)、   7.食材の水分量(水分量が多い方が早く漬かる気がする)      

また、漬けておいた食材を、ヌカ床から出してヌカを落とした後でも発酵は進むので、ヌカを落とした後に常温で保存するのと冷蔵庫に入れて保存するのでも味が変わってきます

嬉しいことに私の漬けるヌカ漬けが美味しいとのことで、私のヌカ床を何人かに株分けしましたが、面白いことに漬ける方によって味が変わってくることです 手から出る気の違いなのかも?!

最近は、ヌカ床に食材を入れる時からヌカ漬けを食べる時までを時間を逆算して、上記のファクターを勘案して、食材を漬けるようになりました  経験を積んできて食材の特徴が分かってくると、勘が当たるようになりますね   タイムリーな漬かり具合のヌカ漬けを楽しめる確率が上がってきました♪

鍼灸の奥が深いことは日々感じておりますが、ヌカ漬けも負けず劣らず奥が深い。。。最高のヌカ漬けを求めて、これからも漬け続けていきたいと思います(笑)

kuma

2009年1月18日 (日)

ビワのチカラ

前回、ビワの繁殖力が強いと書きましたが、今回も それについて

Biwa 末廣堂は、昨年の10月に開院したのですが、それと同時に記念樹としてビワを種から育て始めました  左の写真が昨年の10月、右下の写真が今年の1月のものです

ビワの種は、実家の近くのお寺のビワの木のもの 昨年の初夏に小ぶりながら美味しいビワの実をつけていたので、同じ味の実がついたらいいな~って思ってのことです2009118_2

約3ヶ月半で、けっこう大きくなりました やはりビワは成長が早いようです 冬でも葉は落としませんし、花も冬に咲きます!    ビワの薬効については、末廣堂のHPをご覧ください

末廣堂も、記念樹のビワの木とともにスクスク成長していきたいものです♪

kuma

2009年1月17日 (土)

アロエのチカラ

末廣堂のある久が原周辺には、立派なアロエが沢山植わって

おりまして、最近、アロエの花を楽しめます  この寒い冬にもか

かわらず、彼岸花のように朱色の独特の花をつけておりました

アロエはその幅広い効き方から、「医者いらず」「医者泣かせ」

とか「薬サボテン」などと呼ばれています  ユリ科に属し、地中

海沿岸と南アフリカが原産地です

09112 アロエの歴史は古く、古代ギリシャ時代に

すでに有用植物として人々に知られていて、

英雄アレキサンダー大王はアリストテレスの

すすめで、遠征の時はアロエを持参し病気を

防いだと言われています   

アロエが日本に伝わって来たのは鎌倉時代で

すが、実際に薬草として使われだしたのは、江戸時代の初期

からのようです   現在、日本で広く栽培されているものは

キダチアロエと呼ばれるもので、木のように立つので、キダチ

アロエと呼ばれます 

日本の特産種だそうで、海外にはほとんど見当たらないとのこと

このアロエ  ご存知の方も多いかと思いますが、数々の薬効が

あります 主には、消炎・殺菌作用です  

内服すると、胃炎・腸炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍の炎症を緩和し

てくれます 外用すれば、やけど・すり傷・切り傷・口内炎・虫刺さ

れ等に効果があります アロエの消炎作用が、熱や痛みを抑え、

殺菌作用が細菌の二次感染防ぎ、毒素を中和するのです

また、アロエを湯船にいれてアロエ風呂にすれば、夏の日焼けの

ヒリヒリを緩和することもできます

アロエはなかなかの優れものですね! 

このアロエに負けない位の薬効があるのが、ビワです

末廣堂では、主にビワの薬効を利用していまして、ビワにも消炎・

鎮痛作用、血行促進作用があり、治療で重宝しております

治療後にお出しするお茶にも、たいていビワの葉を混ぜていますね

このアロエとビワに共通するのが強い繁殖力です

冬にもかかわらず、元気に育ちます  繁殖力の強い生き物には

強いパワーがありますね  上手く利用していきたいものです     

お庭のある方は、是非、お庭にアロエとビワを植えることをオススメします♪

kuma

2009年1月15日 (木)

小正月を味わう

今日は、小正月(こしょうがつ)ですね  古い慣わしに従って、今朝の朝食は小豆粥にしました

とはいっても、我が家の小豆粥は、白米ではなく玄米がベースです 玄米だと腹持ちがいいのが嬉しいところ  塩と醤油、少々の味噌で味付けして、焼いたモチを浮かべてみました♪

Photo ここで、小正月について一言  小正月は旧暦の正月にあたり、一年の最初の満月にあたる1月15日とされていました  太陽暦がもいちられるようになり、元日を中心とする「大正月(おおしょうがつ)」に対し、15日は小正月と呼ばれるようになったそうです  また、かつて元服の儀を小正月に行っていたということから、ちょっと前までは、1月15日を成人の日として祝日とされていましたね

で、小豆粥  「15日粥」ともいわれて15日の朝にいただきます  「一年中病気をしないように」という意味があるそうで、家族の健康を祈る慣わしです  古くは「土佐日記」や「枕草子」などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されています

成人の日が15日でなくなるなど、なんとなく日本の伝統・慣わしが失われていきがちな現代。。。小豆粥で日本の伝統や慣わしに、ちょこっと触れられた今朝でした

kuma

 

2009年1月13日 (火)

干し柿できました!

昨年末に作り始めた干し柿について ご報告です

ザルに並べて干し始めて、約2週間 イイ感じに干しあがりました!

Photo 干し始めは、水分と糖分のためか、ザルに接している部分が、ザルに くっついてしまうので頻繁に柿をひっくりかえしておりました  冬の乾いた寒風が次第に柿の水分を抜いてくれて、どんどん柿がしぼんでいきます そこそこしぼんできたところで、柿の実を指でやさしく揉んで中の方の渋が抜けるようにしていきましたS_012   しぼんで小さくなったのは、写真を見れば一目瞭然ですね~

小さいながら、なかなか立派な干し柿になったと自負しております♪

kuma

2009年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます 2009

S_004_6  皆様にとりましてよい年となりますように。

今年のテーマを夫婦二人で話し合いました。

<根をはる>になりました。

木々の成長には、根がしっかりと張っていないとならないと。それぞれ公私ともども充実した一年となるように過ごしたいと思います。

早朝、下丸子の多摩川河川敷に出て、初日の出を拝むことができました。

年初に見ることができると、清清しい気持ちになれます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Kao

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »