« 小正月を味わう | トップページ | ビワのチカラ »

2009年1月17日 (土)

アロエのチカラ

末廣堂のある久が原周辺には、立派なアロエが沢山植わって

おりまして、最近、アロエの花を楽しめます  この寒い冬にもか

かわらず、彼岸花のように朱色の独特の花をつけておりました

アロエはその幅広い効き方から、「医者いらず」「医者泣かせ」

とか「薬サボテン」などと呼ばれています  ユリ科に属し、地中

海沿岸と南アフリカが原産地です

09112 アロエの歴史は古く、古代ギリシャ時代に

すでに有用植物として人々に知られていて、

英雄アレキサンダー大王はアリストテレスの

すすめで、遠征の時はアロエを持参し病気を

防いだと言われています   

アロエが日本に伝わって来たのは鎌倉時代で

すが、実際に薬草として使われだしたのは、江戸時代の初期

からのようです   現在、日本で広く栽培されているものは

キダチアロエと呼ばれるもので、木のように立つので、キダチ

アロエと呼ばれます 

日本の特産種だそうで、海外にはほとんど見当たらないとのこと

このアロエ  ご存知の方も多いかと思いますが、数々の薬効が

あります 主には、消炎・殺菌作用です  

内服すると、胃炎・腸炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍の炎症を緩和し

てくれます 外用すれば、やけど・すり傷・切り傷・口内炎・虫刺さ

れ等に効果があります アロエの消炎作用が、熱や痛みを抑え、

殺菌作用が細菌の二次感染防ぎ、毒素を中和するのです

また、アロエを湯船にいれてアロエ風呂にすれば、夏の日焼けの

ヒリヒリを緩和することもできます

アロエはなかなかの優れものですね! 

このアロエに負けない位の薬効があるのが、ビワです

末廣堂では、主にビワの薬効を利用していまして、ビワにも消炎・

鎮痛作用、血行促進作用があり、治療で重宝しております

治療後にお出しするお茶にも、たいていビワの葉を混ぜていますね

このアロエとビワに共通するのが強い繁殖力です

冬にもかかわらず、元気に育ちます  繁殖力の強い生き物には

強いパワーがありますね  上手く利用していきたいものです     

お庭のある方は、是非、お庭にアロエとビワを植えることをオススメします♪

kuma

« 小正月を味わう | トップページ | ビワのチカラ »

自然療法・食養生」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アロエのチカラ:

« 小正月を味わう | トップページ | ビワのチカラ »