« ナチュラルなバレンタイン | トップページ | 梅見で春を感じる »

2009年2月16日 (月)

花粉症に鍼灸

今年も もう既に花粉が飛んでいるようですね

花粉症の治療で来院する方も出てきました  そこで、今日は、花粉症の鍼灸治療について

実は、花粉症にもレベルがあります

軽症の方なら、肩・首・頭の緊張や目や鼻の周りのツボに鍼灸治療を施して、反応を消していくだけでもスッキリしてしまう方もいます  ある意味、仮性の花粉症とでもいえると思います

重症の方は、身体の中から変えていかなければ変化しにくいです  大抵の方が、甘いもの・冷たいもの・油っこいものが好きな方が多く、消化器系の調子がよくない方が多いです  家族にも同じような症状の方がいれば、こちらの可能性が高いです   このような方の場合、まず、日常の食生活を変える努力をしていただかないと鍼灸治療の効果も上がりにくいですね   鼻水がズルズルでるのも、身体に溜まった余計な水分を排泄しようとする身体の反応です  鍼灸の世界では、そのような身体に溜まった余計な水分を「水毒」といいます   

甘いもの(特に白砂糖)は身体を冷やしますし、冷たいものも当然身体を冷やします  冷たいものが身体の中に入ると、それを体温と同じ温度にするために余計なエネルギーを使うので、消化器系に余計な負担がかかります  また酸化した油や動物性の脂も腸を汚します  そして、それが常態化すると消化器系は弱ってきてしまうのです  すると、弱った消化器で代謝しきれなかった水分を鼻水などで排出しようとする反応が起こってしまうと考えられます

このような方でも、食生活を改善しつつ、鍼灸治療で消化器系を強くしていけば、次第に体調はよくなっていくことでしょう

精神的ストレスが過剰になった時にも、花粉症の症状は悪化するので、上手く気分転換を図ったり、腹式呼吸で気持ちを落ち着けたりするのも症状緩和に効果的だと思います  軽い運動をして汗をかくことで、身体を温め、汗をかいて水毒を排出するのもいいですね

あと、花粉症と混同しそうなのが、黄砂による症状です  私は、花粉症はないのですが、黄砂で花粉症に似た症状がでます  目がかゆくなり、くしゃみ・鼻水がでるのです  黄砂とスギ花粉は飛ぶ時期が重なるので、花粉症になってしまったかと勘違いしていました

花粉症でお悩みの方は、西洋薬で症状を消すよりも、身体に溜まった水毒を排出する方が長い目で見れば身体にやさしいと思います  食養生と鍼灸治療で体質改善していきませんか?  オススメです♪

kuma

« ナチュラルなバレンタイン | トップページ | 梅見で春を感じる »

鍼灸治療」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症に鍼灸:

« ナチュラルなバレンタイン | トップページ | 梅見で春を感じる »