« コリと痛み | トップページ | 木を見ず森を観る »

2009年3月10日 (火)

びわ種酒

今日は、我が家の秘蔵薬酒の第二弾を紹介します  びわ種酒です

実は、術伝(和方養生技術伝承塾)の新年会の席で、先生に びわ種酒をプレゼントしました♪  

Srimg6106_2 先生には大変お世話になりましたし、立派な土鍋(以前の記事「土鍋で重ね煮」を見てくださいね)を結婚祝いにいただいたので、ささやかながら、お礼をしたくなったのです

びわ種は、びわ葉と同様に血液浄化作用が強いです  しかも びわ種は、びわ葉の1000倍のアミグダリンを含んでいるのです(びわの効用については、末廣堂のHPをご覧ください)!

びわの葉や種は血液浄化作用が強く、びわ種を食べ続けて痛風を治してしまったとの話もあります  痛風は、尿酸という老廃物が腎臓から排泄しきれずに血液に過剰な尿酸が溜まり、それが関節に滞ることで発症します  つまり、血液の汚れが原因です  鍼灸の世界では、「悪血(おけつ)」といいます  びわには、この悪血を改善する効用があるのです(詳しくは、末廣堂のHPをご覧ください)

また、それだけでなく、びわ種酒は、杏仁の匂い(←杏仁豆腐の匂いです)がしまして、お湯割りにすると、フワッと杏仁の匂いがして、とても爽やかな気分になれるのもいいですね♪Photo_2

ただし、一日の量としては、オチョコ一杯位です とても効用が強いので、飲みすぎると逆上せてしまいます ご用心あれ

我が家でも、時々、夜のティータイムにお茶にさじ一杯の びわ種酒をいれたり、お湯割りにしたりして楽しんでます

びわ種酒は、びわの種300グラムを、0.7リットルの焼酎(アルコール度数は35度)に漬け込 んで3ヶ月待つと出来上がりです 1年程ねかせるのが理想ですが、びわ種に切れ目をいれておくと3ヵ月ねかせるだけでも、十分、あめ色になってきますね

なかなかフルーティーな匂いを楽しめる薬酒ですので、気になる方は漬けてみてはいかがでしょうか?

kuma

« コリと痛み | トップページ | 木を見ず森を観る »

自然療法・食養生」カテゴリの記事

コメント

 先日、インフルエンザの接種を受けたものの、口内炎を悪化させ、病院嫌いのわたくし。閃いたのが枇杷種酒。昨年の物なので、充分な色合いに仕上がっている。毎晩の寝酒にしているのを、歯茎や唇にゆっくり沁み込ませた。続ける事3日めで水泡が消え、5日目には完治してしまいました。ここまでの威力とは思わなかったです。医者要らず、とはこのことでしょう。ほんとうに驚きです!!

ビワは炎症に効きますよね
当院の治療でも、炎症の酷いところにビワエキスをぬり、その上からお灸をすることもあります
翌日には、完全に炎症が治まったこともありますね
ほんとうに、ビワの力には感謝しております

初めまして。
びわ種酒に興味有りますが、どんな味なのでしょうか?
アミグダリンの作用については諸説有り、人体に対する真逆の効果の説明も有り、迷う物が有りますが庭でバカみたいに取れて、近所にお裾分けしても余ってジャム等にしてもまだ木に成っている状態です。

半ばこの季節は毎年びわの消費に苦労してます。
(殆ど鳥のエサに)
種も大量に出てしまい、捨てるのが何か勿体なく只庭先に蒔くしか方法が無いと思ってた矢先、大好きなお酒とのコラボが出来るだなんてと思った次第です。

びわ種酒の味ですか。。。ほろ苦さもありつつも、サッパリした味とでもいいましょうか
個人的には、そんなにクセのない味だと思うのですが、差し上げた方で薬くさいとのコメントをいただいたこともあり、結局は、好みの分かれるところだと思います
アミグダリンの効用ですが、私は、びわの葉のお茶、びわの葉酒、びわ種酒 と、大量に摂っておりますが、体調の悪いところはないようなので、個人的には好い効果が期待できるのではないかと思います
それにしても、捨てる程のビワの種ですか。。。羨ましい限りです
もし、びわ種酒をつくるのであれば、ポイントは、
1.よく洗ってからよく乾かすこと よく乾かす方が、抽出がよいようです
2.種にキズをつけること 私は、調理バサミで二つに割っております
3.35度の焼酎を使うこと 25度だと抽出がよくないようです
ご参考までに

去年から、枇杷種酒を作り飲んでいます。
ただ、種に切れ込みをいれたり、皮を剥いたりするとは
知らず、そのまま漬けてました。

沢山お酒を吸った、種が自然と皮が剥けたのもありますが
大半は、そのままなのです。

今年の分の種と混ぜ、
去年からの漬けてある、種をまた使っても良いものでしょうか。

考えれば、いくら薬効のある種でも成分は、出尽くすはず。
毎年、種を新しくして、皮を剥いた方がいいのでしょうか。

教えてくださいませ。

私も皮は剥いておりませんが、一般的に皮には多くの有効成分が含まれているので(例えば、黒豆の皮のアントシアニン)、剥かなくてもよいのかもしれませんね
びわ種酒は、一年以上漬ける方がいいのと話も聞いたことがあります 他方、漬けすぎはよくないとの話もあります。。。
正確なところは、正直よく分かりませんが、付け足して漬けることで、以前に漬けたものの質が落ちるとは思えません
あとは、実際に付け足して漬けてみられて、ご自身でよいか悪いかを感じとることがよいのではないでしょうか
色々な意見があるでしょうが、自分がイイと実感できれば、よい効果が生まれるような気がします
かなり、あやふやな答えで、すみません。。。
ただ、直感というものは、バカにはならないので、大事にしていただけたらと思います

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びわ種酒:

« コリと痛み | トップページ | 木を見ず森を観る »