« ヨモギの苗 | トップページ | 大根葉のパスタ »

2009年5月27日 (水)

とびうおもヌカ漬け

我が家の食宅の定番に収まった魚のヌカ漬け  今回は飛び魚です

今が旬なのでしょうか 最近、近くのスーパーでよく見かけるようになりました

Photo いろいろな魚のヌカ漬けを試してきたので、今回も新しい魚に挑戦です

で、結果はどうかというと。。。残念ながら、正直、美味しくなかったのです(泣)

いまいちヌカの旨みが染み込まなかったのか、素っ気無い味わいでした  どうやら、飛び魚の身がとても締まっていて堅かったのが原因のようです  身の堅さを十分に考慮に入れられなかったのは、失敗ですね  漬けるにしても長めに漬ける必要があったようです

ヌカ漬けのセオリーを忘れておりました(以前の記事「ヌカ漬け生活」をご覧ください)

あとは、飛び魚の身は脂分が少なく、パサパサした感じだったのもヌカ漬けに合わなかったのかもしれません。。。飛び魚は、淡白すぎていて、油を使って調理する方が向いているようです

いままでハズレがなかったので、安易に飛び魚に飛びついたのは、失敗でした  素材をもっと観て、ヌカ漬けにするかを判断しなければなりません

素材を観る力を養うのは、治療にも活きてきますね  見て触って治療ポイントを観る力を養うのにも一役かってくれそうです

ヌカ漬けは治療に通じる。。。見方ひとつで全ては繋がるのですね

kuma  

« ヨモギの苗 | トップページ | 大根葉のパスタ »

日々の雑感」カテゴリの記事

コメント

すごいですね。また一つ開眼という感じ。

体は自然のせいか、魚もそうですが、自然なものとの付き合いで
体との付き合いのヒントが見つかることは多いように思います。

遊風先生 コメントありがとうございます
そうですね  自然のものとの付き合いは勉強になりますよね
特に、植物との付き合いは観察力を養うのにとても役立ちます  なにせ、鳴くことすらないですから、葉の色つや、全体から伝わってくる生気を日々観察しております  

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とびうおもヌカ漬け:

« ヨモギの苗 | トップページ | 大根葉のパスタ »