« 花の尾瀬ハイキング その壱 | トップページ | 今年も、びわ種酒  »

2009年7月19日 (日)

花の尾瀬ハイキング その弐

尾瀬ハイキングの続きです

Rimg0402 見晴で昼食をとった後、メインの尾瀬ヶ原散策にでました  見晴という地名の名の通り、見渡す限り 尾瀬ヶ原です

ここでも、ニッコウキスゲがちょうど見頃で、湿原を黄色に染めてます

しかも嬉しいことに尾瀬ヶ原を歩いている間、晴れ続けてくれました  正面には至仏山、振り返ると燧ケ岳  ニッコウキスゲの黄色がまさに花を添えてます  こんなに気持ちのよい尾瀬歩きは、久々です♪Rimg0414

まだ梅雨明け前だったのに、カラッとした涼しい風がそよいでいていくらでも歩いていたい気分でした

時間があればずっと尾瀬ヶ原を歩いていたかったのですが、帰りのバスが3時なので やむなく山の鼻を経て鳩待峠へ

Srimg0421 鳩待峠では、最後のお楽しみに、片品村特産の花豆を使った「花豆ジェラート」をいただきました  花豆の風味がしっかり出ていて、とても美味しかったです♪  ジェラートを盛ってくださった方は、ミズバショウをイメージして盛ってくださったようです たしかにそう言われると、そう見えてきますSrimg0422

戸倉のバスターミナルでは、尾瀬の地ビールを飲みました 地元の特産品をいただくのは、楽しですね

今回の尾瀬ハイキングは、天気にも花にも恵まれ、大満足でありました♪

kuma

« 花の尾瀬ハイキング その壱 | トップページ | 今年も、びわ種酒  »

山行・旅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花の尾瀬ハイキング その弐:

« 花の尾瀬ハイキング その壱 | トップページ | 今年も、びわ種酒  »