« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

キレート米でインフルエンザ対策

今日は、以前に紹介した むさしのさんのキレート米について

「キレート米」という名前は、むさしのさんがつけたものだそうです

Simage1161 土壌をアルカリ性に保つことで、シアノバクテリアが増殖することがポイントで、それにより二つのメリットがあるそうです  リトマス試験紙で調べてみると、かなりアルカリ性であることが分かります

まず、シアノバクテリアがキレートという有機物(←ここから、キレート米の名前がついたとのこと)を出し、そのキレートが土壌のミネラルを包み込むことで、根からのミネラルの吸収をよくすること

次に、シアノバクテリアが土壌に酸素を送ることで、ミネラルを多く含む米ができることです

そして、ミネラルを多く含むことで、その米を食べた人が体温を上げることができることに、大きな意味あります

一説では、体温が1℃下がると免疫力が30%も低下するとのこと  今、流行期に入った新型インフルエンザから身を守るためにも基礎体温を高く保つことが大切です  

キレート米を食べて基礎体温を上げていくことは、インフルエンザ対策として有効だと思います

キレート米でインフルエンザ対策  オススメです

kuma

2009年8月27日 (木)

早朝散歩に想う

Simage1191_2 ずいぶんと秋めいてきましたね  

ここ数日の爽やかな朝に惹かれて、早朝散歩にでました  いつも通り、多摩川河川敷にでて、少し歩いてもどるパターンです

今年は、天候不順のため花の時期もズレこんでいるように感じます

Simage1201 百日紅(さるすべり)の花が咲いていましたし、鉄線花も ちょうど見頃です  朝顔も今が見頃のような気がします  8月末に朝顔が見頃というのは、あまり記憶にありません

今の天候不順が人の手によるものだとすれば。。。そろそろ考え直す時期にきているのかもしれませんね

kuma

2009年8月25日 (火)

夏祭り

先週末の日曜日は、久が原ライラック通りで夏祭りがありました

ライラック商店会の有志が中心となって、タコス、焼きトウモロコシ、カキ氷、ラムネ、金魚すくい等。。。 縁日のような賑わいでした 

Simage1171_2 晴れたので けっこうな人出で、売る方にも力が入ります

私も途中からですがお手伝いをしました お祭のお店の側に立つのは初めてです

最初は、焼きトウモロコシを手伝う予定でしたが、予想外の助っ人があり人手は足りていたので、いそがしそうなタコス屋さんを手伝いました 

なかなか凝ったタコスで、生地から具まで全て手作り  中心となった洋菓子店のご主人の自慢の一品です  あっという間に300食を売り切ってしまいました!

焼きトウモロコシもあっという間に800本を売り切ってしまい、夏祭りは大盛況のうちに終わったようです

夏祭りで夏の終わりを感じた一日でした

kuma

2009年8月23日 (日)

小さな水田

今、自然食品店の「むさしの」さんの店先では、小さな水田を作られています

Simage0831 三つの発泡スチロールの容器に、三種類の農法で稲が植えられています  

右から、秀明自然農法、有機農法、キレート農法  です

最初に見かけたのが6月半ば位で、まだ稲穂をつけていませんでしたが、今日見てみたら、三種類とも稲穂をつけておりました  上の画像が6月中旬  下の画像が8月下旬です

秀明自然農法の特徴は、苗を使わずに前年に自家採集した米の種を使うことと、枯れ葉やワラ等を肥料として使うことだそうですSimage1131   

有機農法は、ご存知の方法です

キレート農法の特徴は、土壌をアルカリ性に変えることです  むさしのさんは、土壌をアルカリ性に変えるために、サンゴを土壌に混ぜているそうです  詳しく説明すると長くなるので、詳細は後日お知らせします  

お店の前を通る方で、足を止めていく方も多いとか  もし、むさしのさんに行くことがあったら、ぜひ稲も見ていってくださいね♪

kuma

2009年8月20日 (木)

鬱(うつ)に鍼灸

最近、「やる気がでない」 「鬱っぽいのでなんとかして欲しい」と訴えられる患者さんを多く診るようになりました   昨今の社会環境・労働環境の反映なのでしょう

重症のうつ病の方は別ですが、このような鬱的症状や軽症の鬱病の方には鍼灸治療は大変効果的だと実感しております

「心身一如」 心と身体は一体ですから、心の病に身体からアプローチすることは十分に可能だと思います

鬱的な症状のある方は、大抵、お腹も首・肩・背中も張っていて、手足が冷たいことが多いです 精神的ストレスから気血の巡りが悪くなっているのだと考えられます

お腹は、上腹部が張っていることが多く、鍼灸の世界では、「気滞」といいます  

背中の主要なツボは、エネルギー不足(鍼灸の世界では「虚」といいます)な状態であることが多いですね  最近の労働環境の悪さから身体が疲れきっているように思われます   

そのような背中にじっくり温灸をして、余計な張り・コリを鍼で緩めていくと、身体がフワッと緩んで、お腹が鳴り出すこともよくあります  気血の巡りがよくなるので、手足も温かくなってきます

治療後は、顔の表情が緩んで明るくなり、笑顔がもどってきます 

「身体が緩めば、心も緩む」  まさに、心身一如

心の疲れに鍼灸治療は有効です♪

kuma

2009年8月17日 (月)

花火で夏を感じる

先週末の土曜日に 大田区の花火大会に行きました 

Rimg0516 場所は、六郷土手  毎年、終戦の日に開催されます  私は、今年で3回目です

よく晴れて 秋のような爽やかな夜だったからか、昨年よりも人出が多かったように感じました

Rimg0517 年々 盛大になっているようで、今年もなかなか立派な花火を観ることができました 

ナイアガラの滝を模した花火も昨年と同様に見ごたえ十分です

花火を観ると、夏だな~って実感できますね 

まさに夏の風物詩

一年に一度は 花火を楽しみたいものですRimg0520  

今年も楽しむことができて感謝♪

kuma

2009年8月15日 (土)

手作り野菜に舌鼓♪

患者さんのHさんから、家庭菜園での手作り野菜を頂きました

Srimg0498 Hさんは、マンションのベランダで育てられているそうですが、その立派な野菜に驚きです  

手間をかけてあげれば、マンションのベランダでも立派な野菜が育つのですね   手作りならではの曲がったキュウリや太っちょのオクラは見ているだけでも楽しいです

トマトは生で、キュウリはヌカ漬けに、ゴーヤは炒め物に、オクラは味噌汁の具になりましたRimg0502

予想通り、野菜の味がしっかりしていて、夏の旬を堪能させていただきました

Hさんは、育てた野菜から種を採集して、次の年にはその種を使って育てているそうです

太っちょのオクラは三年目との お話   

私達は ついつい苗を買ってきてしまいますが、種からじっくり育てるのも楽しいでしょうね Srimg0499_3

そのうち挑戦してみたいものです

kuma

2009年8月13日 (木)

くらまごけ

末廣堂には、一風かわったコケがあります

「クラマゴケ」 別名「レインボーファン」 です  

Rimg0492   これも「Blumen K」( 以前の記事「こだわりの花屋さん」をご覧ください )出身の植物で、開業祝いとして患者さんのHさんにプレゼントしていただいたものです

クラマゴケの名の通り、京都の鞍馬寺の近くに自生しているそうで、 レインボーファンという名の通り、色々な色に変化するのが特徴です

今は、ちょうど育ち盛り  青味がかった深いグリーンの葉がとても綺麗ですRimg0493_2

コケの仲間なので、毎日たっぷり水を与えます  すると、葉に力がみなぎってくるようです

「べビーティアーズ」にしろ「クラマゴケ」にしろ コケ好きの私にとっては見ているだけで嬉しくなりますね♪ 

kuma

 

2009年8月 8日 (土)

目で涼を感じる

暑い日が続きますね  

Srimg0497 少しでも、涼しさを感じていただこうと思いまして、また末廣堂の手ぬぐいを換えました

清流の手ぬぐいです  清流の流れに逆らって泳ぐ川魚が川の流れを感じさせてくれて、涼しげです

さらに、トイレのポストカードを、千住博氏の「ウォーターホール(滝)」に換えてみました

この滝の絵も滝の勢いがとても伝わってきて、見ているだけでも涼しくなりますRimg0496_2

末廣堂には熱を発する器具がほとんどないので、猛暑日でもない限り、空調をいれる必要がありません   観葉植物をたくさん置いているのも涼しさを保つのに効いていると思います

都市の暑さは、人が作り出しているのだとつくづく感じます 

温暖化を防ぐためにも、余計な熱源をなくして風通しをよくして、この夏を過ごしていきたいですね 

kuma

  

2009年8月 5日 (水)

お腹の冷えにご用心

最近、腰の調子の悪い方が、よく来院されます

なんとなく重だるい感じの腰痛と訴える方が多いです  当院の鍼灸治療では腹診もするのですが、そのような方のお腹を触ってみると、ひんやり冷たいことが多いのです

腰痛というと、腰の筋肉の問題だと思われるかもしれません  ですが、お腹の不調や精神的ストレスから腰痛のでる方もいるのです

今の時期は、冷たい食べ物や飲み物をとることが多いでしょうが、冷たいものを食べると消化器に負担をかけてしまいます  今の時期は、消化器の不調から腰痛になる方が けっこう多いのです  

そのような方には、背中やお腹の虚(生体エネルギーの不足した状態)したツボにじっくり温灸していきます  すると、腰がしっかりしてきて腰痛も治まってくるのですが、お腹もしっかり温まってくるのです

さらに、びわの葉エキスを用いて びわの葉温灸をしていくと、より効果が上がります

びわの葉の薬効で血液が浄化され、流れやすくなった血液が鍼灸治療により全身に巡るので、内臓の負担の回復も早まるのです

今の時期に腰が重だるいと感じたら、お腹が冷えて内臓に負担がかかっているのかもしれません  

ご用心くださいませ

kuma

2009年8月 3日 (月)

子宝草も育ち盛り

末廣堂には、子宝草がいます  肉厚な葉がかわいらしい♪

Rimg0021 大家さんが子宝草を育てていたものの一つを、開業したての頃に分けて頂いたものです

子宝草は、アフリカ東部、マダガスカル、アジアの熱帯~亜熱帯などが原産の植物  日本国内(本州など)での生育期は、主に4月上旬~11月上旬なので、今は調度育ち盛りです

Rimg0490左が頂いた頃、右が現在のものです

この子宝草 その繁殖方法が面白い

成長した葉の端に子芽がつき、それがポロポロ落ちていき根付くのです

末廣堂の子宝草も、ついに子芽がつきました  いくつも子芽が床に落ちていたので、拾って空いた植木鉢に蒔いておきましたRimg0489_2

来年には、蒔いた子宝草が大きく育つことに期待です♪

kuma

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »