« 子宝草も育ち盛り | トップページ | 目で涼を感じる »

2009年8月 5日 (水)

お腹の冷えにご用心

最近、腰の調子の悪い方が、よく来院されます

なんとなく重だるい感じの腰痛と訴える方が多いです  当院の鍼灸治療では腹診もするのですが、そのような方のお腹を触ってみると、ひんやり冷たいことが多いのです

腰痛というと、腰の筋肉の問題だと思われるかもしれません  ですが、お腹の不調や精神的ストレスから腰痛のでる方もいるのです

今の時期は、冷たい食べ物や飲み物をとることが多いでしょうが、冷たいものを食べると消化器に負担をかけてしまいます  今の時期は、消化器の不調から腰痛になる方が けっこう多いのです  

そのような方には、背中やお腹の虚(生体エネルギーの不足した状態)したツボにじっくり温灸していきます  すると、腰がしっかりしてきて腰痛も治まってくるのですが、お腹もしっかり温まってくるのです

さらに、びわの葉エキスを用いて びわの葉温灸をしていくと、より効果が上がります

びわの葉の薬効で血液が浄化され、流れやすくなった血液が鍼灸治療により全身に巡るので、内臓の負担の回復も早まるのです

今の時期に腰が重だるいと感じたら、お腹が冷えて内臓に負担がかかっているのかもしれません  

ご用心くださいませ

kuma

« 子宝草も育ち盛り | トップページ | 目で涼を感じる »

鍼灸治療」カテゴリの記事

コメント

 頭寒足熱。何もこれは、冬場だけではありませんよね。私は口を酸っぱくするほど、夏でも、特に夏場の冷たい物は、極力控えるように話しています。冷房などの人工的な寒さには気がつきにくく、暑いからと冷たい飲み物ばかりを用意するのには閉口します。高齢者には、年寄りの冷や水ですよ。団扇くらいしかなかった時代なら、冷たい物も然りでしょう。腰痛の原因を自ら作っていることが、わからない方が多いですね。最近は、びっくりも、唖然も、愕然もしなくなり、ただただ呆れ果てています。信じてくださる方には、私の手をそっとお腹に乗せてあげています。肩凝りや体調維持ができ、お通じもよくなられるようです。私は、年中腹巻を離しません。

アナザン・スターさん 
コメントありがとうございます
仰るとおり、人工的な寒さに鈍くなっている方は けっこういますね  
やはり、身体には自然の気温が一番だと思います できるだけ自然に寄り添って生きていけば、病も自然に離れていくのではないかと思います

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お腹の冷えにご用心:

« 子宝草も育ち盛り | トップページ | 目で涼を感じる »