« 友人の畑より | トップページ | 初秋の蓼科山 »

2009年10月18日 (日)

究極の山行食 その弐

「個人的」究極の山行食について、前回は朝と晩の食事について書きました

今日は、行動食についてです

Photo 今回導入して、最高だと感じたものは、kaoさんの手作り「蒸しパン」です  kaoさんの手作り蒸しパンは水分が多くて、とてもモチモチしております  かなり大きいです(笑)

左が、モロヘイヤ粉入り 右がアーモンド粉入りで、共に酵素玄米とレーズン・へーゼルナッツが練りこんであります

水分が多いと重い欠点はありますが、行動中に食べるには、喉ごしのよい蒸しパンは 焼いたパンよりもいい感じです   kaoさんの蒸しパンは、前回の2泊3日の山行中 ずっと しっとりしていて美味しかったです      

それに、kaoさんの蒸しパンにはレーズンやナッツがたっぷり入っているので、それがアクセントになって飽きませんでした

kaoさんの蒸しパンに限らず、市販の蒸しパンでも喉ごしのよさで、焼いたパンよりも行動食として軍配が挙がりますね

多少重くても美味しいものを食べると山旅も楽しくなります   これからも美味しいものを担いでいける体力をつけていきたいと思います

kuma 

« 友人の畑より | トップページ | 初秋の蓼科山 »

山行・旅」カテゴリの記事

コメント

今日は、ありがとうございました。
末廣堂の良い氣と治療のおかげで、ヘビーなフレンチを食べても調子がよいです。
食べ応えのありそうな蒸しパンですね!
私も久しぶりに蒸しパンが食べたくなりました。

お式ご出席前にご苦労様でした。胃腸も落ち着いていらっしゃるようでよかったです。
蒸しパンは3日間くらいモチモチでお腹にも優しく、家のパンの主流です。オススメですよ♪

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究極の山行食 その弐:

« 友人の畑より | トップページ | 初秋の蓼科山 »