« すり足で冷え対策 ♪ | トップページ | 冷え症と低体温に鍼灸を その弐 »

2010年2月24日 (水)

冷え症と低体温に鍼灸を その壱

冷え症と低体温の違いをご存知でしょうか?

冷え症の意味付けにもよりますが、冷え症を手足などの末端部の冷たさと考えれば、冷え症と低体温は別のレベルの問題となります

今年の2月3日にNHKの「ためしてガッテン」で、冷え症と低体温がテーマに取り上げられていましたが、番組では冷え症を上記のように考えておりました

とても参考になる内容だったので、補足して 冷え症と低体温についてまとめてみたいと思います

まず、冷え症については、大きく二つに分かれます

寒い場所で手足が冷たいけれども、暖かい場所に移れば手足が温まってくるような冷え症は問題ありません

これは、寒い場所で身体の熱が逃げないように交感神経(自律神経の一つ)が働いて末梢血管をキュッと縮める結果であり、身体の防衛反応です   暖かい場所に移って、手足が温まってくれば、副交感神経(自律神経の一つ)への切り替えがスムーズにできているので問題はないのです  むしろ健康な証拠ともいえます

問題なのは、寒い場所で冷えた手足が、暖かい場所に移ってもなかなか温まってこない場合と、暖かい場所に居続けているのに手足が冷たい場合です

暖かい場所に移ってもなかなか手足が温まらない方は、自律神経の働きが鈍っているといえ、まさに鍼灸治療による改善が期待できる症状です   鍼灸治療を続けていくと、血流が改善する結果、身体がスッキリしてラクになります  その結果、心の重さの方も軽くなる方が多いです   心身共に健康になる結果、自律神経の働きがスムーズになってくるのです

暖かい場所に居続けているのに手足が冷たい方は、さらに問題です   これは、冷え症であり低体温でもある場合ですので、後日、低体温としてまとめて述べていきたいと思います

kuma

« すり足で冷え対策 ♪ | トップページ | 冷え症と低体温に鍼灸を その弐 »

鍼灸治療」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷え症と低体温に鍼灸を その壱:

« すり足で冷え対策 ♪ | トップページ | 冷え症と低体温に鍼灸を その弐 »