« ナズナのパスタ | トップページ | さくら満開♪ »

2010年4月 1日 (木)

先人の智恵に感謝

先日は、頂いたナズナでパスタを作りました

で、ふとナズナにも薬効があるのでは? と思い調べてみたところ、やはり大きな薬効がありました

東城百合子先生の「薬草の自然療法」によると、ナズナは、古くから中国で止血剤として、また肝臓に効くものとして大切にされてきたとのこと

止血作用といえば、鍼灸治療で使うお灸のモグサの材料となるヨモギにも止血作用があります 

昔の人々は、 ケガをしたときに 道端に生えているヨモギやナズナを貼り付けてみて血が止まるという経験を重ねてきて、止血の薬効あることに気づいたのでしょうね

先人の経験に基づく智恵に感謝して、これからも活かしていきたいものです

kuma

« ナズナのパスタ | トップページ | さくら満開♪ »

自然療法・食養生」カテゴリの記事

コメント

 祖母は、草刈鎌で切ったところに、蓬を擦り付けてくれました。野茨や茅など、引っかいたり、切ったりの箇所にも、応急処置でしていました。昔の田舎では、医者に行くのは大仕事。町まで往復すれば、一日の仕事ができません。それだけに枇杷葉の活用は元より、薬草の使い方は、生活の知恵として、伝えられてきたのです。私は、祖母のしていたことを、昨日のように覚えています。故郷の、野山の薬草の在り処は、絶えてしまったものもありますが、探せば見つけられることもあるのです。

末廣堂のある大田区の多摩川河川敷には、いまでもヨモギが自生していますし、鉄道の線路ぎわにもスギナが自生しています
また、大きなお寺の境内には 薬草の豊かなところもありますし、ビワの木もけっこう近くにあります
東京も探せば、まだまだ自然が残っていますよ♪

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先人の智恵に感謝:

« ナズナのパスタ | トップページ | さくら満開♪ »