« ラッキョウの醤油漬け | トップページ | 本物の仕事 その壱 »

2010年6月21日 (月)

ミニ自家菜園

今年もベランダでプランター菜園を楽しんでいます。

Rimg8356_4 日当たりもよく、最近の天候で雨、晴れ両方に恵まれグングン成長してくれています。作物の成長と天候は大きく関与するなあ、と実感させられます。

バジルはこれまで2回ほど摘み、バジルペーストに。

とてもシンプルにバジルを小刻みにして、バジルが浸るほどのグレープシードオイルに漬けるだけ。

+塩、胡椒しそうめんやパスタに和えても、パンにつけてもよく合います。食欲が落ちているときでも、さわやかに味わえる夏向きの風味です。

Rimg8361_8     キュウリも紫蘇も収穫期と。紫蘇は日々刻んで味噌汁に添えるだけで、味がしまり、我が家のこの時期の朝の味となってくれてます。

これからは生野菜のビタミン、ミネラルをしっかり摂取して夏を乗り切っていきたいですね。

kao

« ラッキョウの醤油漬け | トップページ | 本物の仕事 その壱 »

食卓より・家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

 家庭菜園も、自分たちの趣味や、好みで十分ですね。特にいいのは、無農薬なことです。でも、虫も寄り付かない食べ物には、何か変だって思わないのでしょうか?まあ、見かけは不細工ですが、味は同じですよね。旬の野菜は、瑞々しくておいしいのはうれしくなります。
 今日は、施設の皆さんに、生姜湯を作って出しました。冷房も効きすぎるので(温度調整はしている)体調を崩されるのですが、温かなものが喜ばれました。と言っても、市販のもので、生姜と蜂蜜が入った瓶です。これをお湯で溶いただけですが。夏は、汗をかかないとだめですね。

冷房病対策も必要になってくるこの時期、生姜パワーはうまく取り入れるべきものですね。
夏に冷えによる体調不良で訪れる方々を診るにつけ、社会の矛盾を感じる時期でもあります。。

家庭菜園、収穫もさることながら、土や植物からエネルギー戴いている気がします。自然に触れることって大事ですね♪
大自然の中に入ることは日ごろなかなか難しいですが、小さくても身近に自然を感じさせてくれるものがあるだけでも、かなりバランスが取れる気がします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニ自家菜園:

« ラッキョウの醤油漬け | トップページ | 本物の仕事 その壱 »