« 本物の仕事 その壱 | トップページ | 寝違い・神経痛に鍼灸 »

2010年6月30日 (水)

バジルのチヂミ

Rimg2367_2 今朝の収穫物です。

キュウリはヌカ漬けに。

収穫3回目のバジルで昼食にチヂミを作りました。 

粉、水、豆乳、塩でシンプルに。

ヨモギそばとバジルの山の幸の香りに癒されてしまいました。

「口の中にバジルの香りが広がるね~。これはニセモノでないぜいたくな味がするね~。」とkumaさん。

やはりシンプルが一番。Rimg2369

kao

« 本物の仕事 その壱 | トップページ | 寝違い・神経痛に鍼灸 »

食卓より・家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

 自然にあるものを活用したり、自分で作ってみるのは楽しみですね。
 我が家では、青紫蘇が絨毯を敷きつめたようです。夏バテ予防に役立ちますね。自然の物は、捨てることより、生かす工夫が大切ですね。
 枇杷茶は、葉も花芽も、種さえも様々に活用できるのがうれしいです。最近わかったことですが、花芽茶は、私のオリジナル商品らしいです。
 我が家の枇杷の実は、とても甘い果汁たっぷりのものでした。

青紫蘇の絨毯とは!!うらやましいです。紫蘇はこの時期ほんとにあるとよいですね。
湿疹系の方には紫蘇茶が非常によいようです。
びわの花芽ですか!エネルギーありそうですね。注目したことなかったのですが、観察してみようとおもいます。ありがとうございます。

 花芽茶は、花が咲き出して、一番いい状態の時に採ります。但し、実にするところは避けておかなければ、結実しません。保管場所は冷凍庫です。香りが持続しますし、味が落ちません。いろんなブログがあるようですが、Rさんが私のブログでしか見ていない。とのことです。桜茶からヒントをもらい、ひょっとしたらと始めて好評を得てます。特にRさんは、花芽茶の中に、一滴枇杷酒を落として飲まれるようです。疲れが癒される、とのことですよ。花粉症の効果に役立っており、アトピーにも効果があるようです。
 今日は、我が家で誕生日会をしました。そこでの青紫蘇は勿論手巻き鮨です。大きくて軟らかいので食が進んでいたようです。枇杷茶も、種を煎じたのがすぐに売り切れました!って、プレゼントをもらったので・・・。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バジルのチヂミ:

« 本物の仕事 その壱 | トップページ | 寝違い・神経痛に鍼灸 »