« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

髪型一つで軽やかに♪

ふと思い立って、坊主頭になってみました

突然のことで、kaoさんをはじめ、患者さんの皆さんもビックリです(笑)

髪の長さは3ミリ  とてもさっぱりして気持ちいい♪

  何が一番よかったかというと、髪型を気にする必要がなくなったこと  朝起きて、寝グセがないか?なんて気にする必要が全くなくなったのは、想像以上に爽快です

ここで、ふと、お坊さんが髪を剃る意味が分かった気がしました

髪を剃れば、髪型への意識や執着がなくなるので、修行の妨げにならないのだと

仏教では、悟りを開くために、あらゆる物事への執着を除き、自我を捨てさることを目指します

ですから、坊主頭になって、髪型が整わないことへのこだわりを捨てていけば仏教的な軽やかな過ごし方ができるでしょう

髪型一つで軽やかな気持ちになれる坊主頭  

男性の皆様には(場合によっては女性にも?!)オススメです♪

kuma

2010年11月22日 (月)

柚子でいろいろ

患者さんのMさんから、ご実家でとれた柚子をいただきました。

柚子はこの時期、食卓に彩を与えてくれる食材です。

Photo 早速大根の浅漬け。塩と昆布と柚子の浅漬けで爽やか風味です。

そして、何かと使える柚子味噌と、お茶に入れると美味しく風邪予防にもよいハチミツ漬けを作りました。

柚子味噌はご飯につけると止まらなくて危険です

Photo_3 今回初めて作ってみましたが、味噌の種類によっても甘味や柚子の入れ方によっても別のものが作れ、面白いですね!

無農薬となると、皮まで気にせず使えてとてもうれしいです。

ごちそうさまでした♪

kao

2010年11月12日 (金)

自然な柿を楽しむ

患者さんのAさんから、自家製の柿をいただきました

Photo_2 Aさんからは、以前も自家製のブドウをいただいたことがあるのですが、今回の柿も前回のブドウと同じく、Aさんのお父様が育ててきたものだそうです

なんと、渋柿の木に甘柿の枝を接木することで、甘柿が生るようになったとのこと 接木して30年ほど経って、今では たくさん甘柿が生るそうです

食べてみると、自然な甘味がいい感じ♪ 立派な種も入ってました

最近、スーパーなどでは、種なしの柿が並んでいるのをよく目にするのですが、種のない果物に違和感を感じるのは私だけでしょうか?

種は次の世代に命を繋ぐ大切なもの

それを人間の都合で無くしてしまうことが果たして正しいことなのか。。。

種も含めた自然な味を楽しめるような考え方ができるようになると、ひいては、ありのままの自然を大切にしようという考えに繋がるような気がしております

kuma

2010年11月 8日 (月)

マコモづくし

先日、患者さんのKさんから、マコモタケをいただきました

Srimg2692_2  Kさんは、東京農大にお勤めでして、昨年 私が収穫祭(←農大の学園祭)でマコモタケを買っていたのを覚えていていただいたようで、わざわざ買って持ってきていただいたのです

マコモタケとは、マコモというイネ科の水生植物に菌が寄生することによって肥大した茎の部分  食感がタケノコに似ていることからマコモタケと呼ばれています

そんなマコモタケを、炊き込みご飯、味噌汁、佃煮にしていただきましたSrimg2700

マコモタケは秋が旬  シャキシャキの食感を存分にいただきました

特に、佃煮すると よりシャキシャキ感がでて美味しかったです♪

このマコモタケ 普通の八百屋さんで見かけたことはありません それだけ貴重な食材なんでしょうね

そんなマコモタケを譲っていただいたKさんには、感謝感謝です!

kuma

2010年11月 5日 (金)

無事床上げ

今日で産後4週目になりました。

皆様にはお祝い・差し入れ等、本当にどうもありがとうございました。先日は横浜の患者さんが、お祝いを伝えにわざわざお越しくださったそうで、皆に祝福されてとてもうれしく、ありがたく思います。

産後の肥立ちとはよく言ったものです。母体にとって、産後しばらくはできるだけ休められたらよい時期なのだろうと実感できました。

産後1週目にふと自分の横腹を見たら(その前までは見る余裕もなかったのだなと)、すごいひび割れ乾燥状態。東洋医学で重視される身体の充実度をあらわすとされる下腹部の丹田をさわってみても張りがなくペコペコ、完全に「虚」している状態。

産後の女性の皮膚はツルツルきれいになるので大いに期待していましたが、クマさんから「顔粉ふいてるよ~、大丈夫?」と言われるしまつ。。

やはり出産て消耗するのだな~と。

産後2週間は腰が不安定で、寝返りも腰をさせながらよっこらしょ、という感じでした。咳やくしゃみなどしようものなら、骨盤に響いて痛いくらい。

骨盤が開いて、あれだけ大きいものが出てくるのですから、緩んでいて当然。

でも、3週目に入った日からスッと軽減。前日までの痛みはどこに?という感じでした。人体ってよく出来てますね。

その後、徐々に体力が復活してくるのがわかりました。元気になってくると、食欲が出てきて、食べたいもの作りたくなってきました。おやつの甘味がとても恋しくなり、白玉だんごをちょこちょこ作ったり。

授乳は自分の血液をあげているわけなので、多いときほどお腹も比例してすきます。私の場合、主食を日常の倍はしっかりとって、それでもお腹がすいたら何か食べるようにするくらいで体調的にはちょうどよいようです。今では皮膚の油分も戻りつつあり、丹田の張りも出てきました。ホッ。

空も順調に重くなってきています。今月は空も私も少しずつ活動モードになりそうです。

kao

2010年11月 1日 (月)

今年の恵み

先日、鍼灸師仲間でもある上田にお住まいのSさんから、出産祝いとともに今年の新米をいただきました

Srimg2682_2  いただいたお米は、Sさんが無農薬で丹精こめて作られたもの  そんな貴重なお米を白米3合、玄米3合も分けていただけて感謝です!

昨年は、脱穀の時期に上田までお邪魔して、脱穀体験させていただいたのですが、ついこの間のことのようです

さっそく白米を炊いて、今年の恵みをいただきました

今年は、米の出来が悪いと新聞で報道されていましたが、Sさんにいただいた白米は、とても美味!  こういう美味しい白米は梅干だけで食べるのが一番です 米の味を堪能しました

Sさんの子供のようなお米  大事にいただきたいと思います

kuma

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »