« 乳幼児の寝かせ方 | トップページ | 柚子味噌・柚子ジャム »

2010年12月17日 (金)

大根葉がうれしい季節

この時期旬の大根、立派な葉付きのものが売られ、嬉しいです。

「大根はコストパフォーマンスが高く、よいものだな~」と主人が先日しみじみ言っておりましたが、毒消し効能もあるしおいしいし、大助かりの食物です。

  料理は素材の持っている味を大事に、できるだけ栄養を落とさずいただけるよう心がけています。

というわけで、大根葉の酵素をそのまましっかり摂れる、とってもシンプルな我が家のレシピ(といえないかな・・)

1.大根葉をやや厚めの千切りにする

2.塩(胡椒)する

3.あればかんきつ類(柚子など)かける

サッパリと美味しいです。余分な油も取らずにすみ、洗いものも簡単サラダ。これはクマさんに絶賛され(笑)、しょっちゅうリクエストがきます。

大根葉の根元の茎の方は粗みじん切りにし、さっと炒めにゴマやシラスなどお好みで加えてふりかけ風にして楽んでいます。

カブの葉も同じようにいただいています。

ちなみに葉の保存法。なるべく入手後早めに食べるのがよいですが、しばらく置くときは葉の部分を切って花瓶にさしています。

花瓶はある程度重量があるので、安定して置いておけます。花ではありませんが食卓に緑が飾られていると、雰囲気も明るくなりよいですよ♪

旬のもの、身体にもよい酵素、おいしく効率よく摂取したいですね♪

kao

« 乳幼児の寝かせ方 | トップページ | 柚子味噌・柚子ジャム »

食卓より・家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

 大根葉は、小さめに切って、ラップに包んで冷凍庫へ。カレーやばら寿し、大根ご飯、シチューなどにも入れます。冬場の緑が少ない時期には欠かせません。お弁当にも入れます。卵とじにします。鰹節と卵の味と彩りがきれいですね。大根ご飯には、梅干を載せて食べます。シンプルですが、風邪を引いた後や、胃の凭れた時にはいいですよ。大根そのものは、賽の目に切って、蜂蜜に漬けて1週間すれば、喉の痛みにエキスが効きます。扁桃腺には、アケビの皮もいいのですが、なかなかありませんから。自然の恵みをたくさん頂ける冬の時期は愉しみでもありますね。蜜柑の皮も、無農薬なら化粧水ができます。焼酎に漬けておくだけです。柚子の種も同じですね。今日は休みで、採りに行っていた枇杷葉の作業を一日していました。

枇杷葉の作業、お疲れ様でした!
大根葉、冷凍しておいていろいろ使えるのですね!
本当にこの時期の宝です。
胃腸を落ち着かせたいときには大根おろしをしっかりとるようにしています。
ハチミツ漬けもやってみたいと思います。
ありがとうございます♪

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大根葉がうれしい季節:

« 乳幼児の寝かせ方 | トップページ | 柚子味噌・柚子ジャム »