« 災害時のメンタルケア | トップページ | 水拭き作戦 »

2011年3月28日 (月)

原発のない世界を目指して

福島原発は いまだに深刻な状況が続いていて、解決に向けて長期戦になることが明らかになりつつあります

今回の大事故の後でも、各電力会社は、既存の原発の再運転・新設は「延期」とするとするに留まっているのが現状です。。。

ですが、今回の事故を契機に、はっきりと原発を「廃止」にできないものでしょうか?  

今後も今の節電の流れを維持しつつ、自然エネルギーを活用した発電をより推進していくことで、解決への道をつけていくことはできないのでしょうか?
 
ブータンという国には、大きなダムではない小さな水力発電システムがあるそうです。そのシステムだと環境への負荷は小さいそうです。急峻な河川のある日本では、そのよ
うなシステムを採用することもできると思います

さらには、海に囲まれた日本では、波の力を利用することはできないのでしょうか? 非常に有効だと思います

これから原子力エネルギー行政の転換の声が大きくなっていくことと思いますが、漠然と「原発は危ない、不安だ」という気持ちだけだと、続かなくなってしまわないか心配しています

そこで、以下のサイトの内容を読んでいただきたいと思います

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

このサイトの筆者の平井憲夫氏は、20年間 原発の「生の現場」を見続けてきた方です。

10年以上前の情報で、詳しいデータや科学的な分析はありませんが、私には 平井氏の切実な想いがひしひしと伝わってきました  机上の話ではなく、現場を見続けてきた方だからこその想いが詰まった文章です

読んでいただければ分かりますが、特に 原発が原発周辺の人々に対する大きな差別をつくっていることは、本当に許されないことだと思います

この文章を読んでみて、それでもより快適な生活のために電気を大量消費しつづけようと思う方はいないと、信じます

kuma 

« 災害時のメンタルケア | トップページ | 水拭き作戦 »

日々の雑感」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
リンクされているサイトを見たら、本当に原発なんて要らない!って思えました。
子だも達や孫の代のためにも原発をなくすために運動をしなければって今回の地震で実感しました。

私も、このサイトの内容を読んで、心の底から原発は要らない!と思いました
今の世代の身勝手で後の世代にとてつもなく重い負担を負わせていくわけにはいかない 
なんとしても原発のない世界にしなくてはならない
今が大きな契機になることを信じます

 新聞の記事にはならない通常での原発の死者は、現場では当たり前のこと。そこで働く人々は、給料をもらっているから、文句も言えない。でもそれは、正社員とは名ばかりの、下請け、孫受けの使い捨ての現実です。原発はいらないのです。しかし私たちの知らない間に、1基づつ増設されている。建ててしまえばいいとばかりにです。
 祝島にも原発を造るらしいのですが、そこを舞台にした映画があります。『ミツバチの羽音と共に』是非観てください。無農薬の枇杷が映っていますよ。

今回の人災といえる事故を契機にエネルギー政策に対する国民的議論が高まることと思います
この機を逃さず、エネルギー政策を転換できるよう、できることはしていきたいものです
「ミツバチの羽音と共に」は、機会をみて観てみたいと思います 情報ありがとうございます

 友人のサイトから映画のことがありましたので。

 映画「みつばちの羽音と地球の回転」も渋谷で追加上映されます。おすすめです。
http://888earth.net/index.html

 よろしければご覧になってみてください。

たびたび情報ありがとうございます
上手く時間が作れたら、ぜひ観に行きたいと思います

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発のない世界を目指して:

« 災害時のメンタルケア | トップページ | 水拭き作戦 »