« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

ついに購入しました

我が家には、今8ヵ月になる娘がいるので、放射性物質の問題はとても気になるところです

で、ついに放射線測定器を購入しました!

堀場製作所の環境放射線モニター 「 Radi 」 です

Srimg3899 購入を決めてから約2ヵ月待ちで、ようやく届きました

さっそく自宅の空間放射線量(外部被曝量)を測ってみると、だいたい 0.04~0.05マイクロシーベルト/時間

被曝量を法定線量である1ミリシーベルト/年 に抑えるためには、中部大学の武田邦彦先生のお考えによると、「空間からの体外」被曝は 0.11マイクロシーベルト/時間 に抑える必要があります  

http://takedanet.com/2011/06/post_a199.html  

ですので、とりあえず、自宅の中にいる限りでは、一安心であることが分かりました  床の水拭きが功を奏したようです♪

さらに、近々お世話になる予定の保育園はスゴイです

床近くの空間放射線量は、0.03! ほぼ地面と同じ高さであるのに、この低い値は、頻繁な水拭きの成果のようです  

さらに泥んこだらけの園庭でも 0.05~0.07 位です!!

園長先生いわく、雨が降ったら水道水で園庭全体を洗い流してしまうとか  園の外のアスファルトの近くでは、0.1以上あったので、やはり放射性物質は水で洗い流してしまうに限りますね

園長先生は、できるだけ放射性物質から 子供たちを遠ざけようと頑張っている方で、娘を預けても安心できそうです

折を見て、近所の空間放射線量を測定し、ご報告していきたいと思います

kuma

2011年6月27日 (月)

瑞々しいキュウリは生で♪

患者さんのAさんから 自家製キュウリをいただきました

Srimg3901もう夏野菜の季節ですね

いままでも何度も自家製野菜を頂いていますが、今回のキュウリも立派です!

どうやって食べようかと思案しましたが、切ってみると あまりに瑞々しいので、生でいただくことにしました

ハーブ塩をつけたり、味噌をつけたりするだけの方が、野菜自体の味を楽しめます

生だと野菜の酵素も活きているので、生でいただける野菜は生でシンプルに いただくのが一番です♪Srimg3914

自家製堆肥で作られた無農薬の有機野菜 

甘味があって最高でした

毎度のことながら、Aさんには感謝感謝です

kuma

2011年6月20日 (月)

”フクシマ後”の原発についてのアンケート

来る7月9日(土)に、NHKスペシャル「 ”フクシマ後”の世界 私たちは原発とどう向き合うのか」が放映予定です

その放映に先立って、NHKがアンケートと意見を募集しています

http://www.nhk.or.jp/genpatsu/

原発への依存を続けるのか? それとも、新たなエネルギーの可能性を信じ、舵を切るのか?  “フクシマ後”の今、日本は、そして世界は、大きな選択を迫られています

番組では、“フクシマ後”の日本の原発と、世界各地の現場をルポ  その実態を受け、有識者による徹底討論で、日本の原発の行く末を考えていくそうです

原発に賛成にしろ 反対にしろ、NHKの影響力を考えると、番組を通じて できるだけ多くの方が積極的に意見表明していくことは、意義あることだと思います

私たちもアンケートに答え、意見を表明しました

できるだけ多くの方に参加していただけたらと思います

kuma

2011年6月13日 (月)

生後8ヵ月

今月の8日で、娘も生後8ヵ月となりました

すでに離乳食も始まり、昆布出汁の重湯を美味しそうに食べてくれます♪

だいぶ背中の力もついてきて、座らせてあげれば お座りできるようになりました

離乳食をあげる時には、お座りさせて、あげているのですが、ここで ちょっと問題があることが判明! 

自分でお座りできるようになるまでは、大人が乳幼児にお座りさせずに、うつ伏せにさせている方がよいと、お世話になる予定の保育園の先生から教えていただいたのです

本来は、ハイハイできるようになれば、背筋がしっかりして自分でお座りできるようになるそうです   その前に 大人がお座りさせてしまうと、お座りの方がうつ伏せより楽なので、子供もハイハイしようとしなくなり、早く立ち上がろうとしてしまう   そうすると、股関節の硬い子供になってしまう、とのことです 

最近、娘はお座りさせてもらうことに慣れ、うつ伏せにされると泣くようになっていたので、ついつい お座りさせてしまっていましたが、子供にとってはマイナスだったのですね   幸い、うちの娘はまだ股関節は硬くなっていませんでした(汗)

なので、ここ数日は 泣くのも構わずうつ伏せにさせていたら、うつ伏せにしても なかなか泣かなくなり、腕立て伏せのような姿勢をよくとるようになってます  その姿勢からバックしていくことはできるようになりました  そのうち、うつ伏せの姿勢で回るようになり、脚の力がついてきたら、前方にハイハイできるようになるとのことです

いやはや 育児の道は 奥が深い  

これからも色々教えていただきながら、最良の道を選んでいきたいものです

kuma

2011年6月 9日 (木)

切り花の価値

鍼灸師の友人から、お花をいただきました

ヒマワリ と カンパネラ 

Image3821対照的な色合いで、とても華やぎます♪

末廣堂では、普段は 切り花は活けておりません  根がない花は、あとは萎んでいくだけなので、見ていて寂しくなるからです

ブータンという国には、花屋はないそうです  敬虔な仏教国のブータンでは、草花に対しても無益な殺生をしないからだそうです

ですが、せっかくいただいた花ですから、存分に美しい花を楽しませてもらってます

花を愛でると、心が和みます

これだけでも花の価値はあるのでしょう

ご覧になった患者さん達の心が和むように、いただいた ヒマワリ と カンパネラ をできるだけ長持ちさせたいと思います

kuma

2011年6月 2日 (木)

ちょっとした楽しみ

ケーナ というアンデスの笛を始めました

日本の竹をつかったシンプルな構造の笛です 

Rimg3661 震災後、いろいろ気分が落ち込むことが多い中、いい気分転換になってます

なかなか安定して音が出せなかったのですが、治療の空き時間に練習を始めて2ヶ月あまり

ようやく音らしい音が出せるようになってきたところ  当面の目標は、「荒城の月」を吹けるようになることです 

2オクターブ目の音は まだまだ安定しないので、ドレミの歌やカエルの歌など 1オクターブだけで吹ける曲を娘の前で吹いて、喜ばせて(?)おります

今日も小児鍼の患者さんである男の子の前で吹いてみると、男の子は興味深そうに聴いてくれました♪

やはり音楽は、子供にとってイイ刺激になるのでしょうね

もっと上手くなって、いろんな曲を娘に聴かせてあげようと(いや、聴いてもらおうと)たくらんでおります

kuma

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »