« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

2011年 夏山縦走 剣岳 その弐

三日目は、行動時間が約11時間と長いので、4時20分に真砂沢のテント場を出発しました

目的地は、阿曽原温泉

早朝は雲ひとつない好天で、最高の眺望に期待が高まります

仙人新道を登りきり 仙人峠にさしかかると、期待通り 鹿島槍ヶ岳や五竜岳、白馬岳といった後立山連峰の山々が眼前に広がりましたS082

仙人峠から、ちょっと寄り道して、池ノ平小屋へ  池ノ平はルート上から外れていますが、美しい眺望のために訪れる価値はあります  しかも池ノ平小屋に引いてある湧水は、とても甘くて美味しい!Srimg9179

小屋では、地元の画家の方が黒部川の石に裏剣の絵を描いた置物をお土産として購入しました♪Srimg4166  

仙人池に映る八ッ峰も見ごたえがありました  青空に映える裏剣を堪能するのが この日のお楽しみの一つだったので、嬉しい限りですSrimg9194

Srimg9206_4 この日のもう一つのお楽しみが、温泉  行程の途中の仙人の湯、目的地の阿曽原温泉 です

仙人の湯は、ほんとに山奥にあります  8月にして雪渓が多く残る仙人谷を下っていきます   

仙人谷のルートは、足場の安定しないところも多く 雪渓もスノーブリッジも多かったのでヒヤヒヤしたのですが、登山者にほとんど会わず、静かな山旅を楽しめたのがよかったです

ようやく仙人の湯に浸かると、ひさびさのお湯がほんとに気持ちいい! お湯に浸かりながら唐松岳を綺麗に望むことができました Srimg9209_6 Srimg9211_5

ひと汗流した後、雲切新道の急坂を下りきり、阿曽原温泉へ  雲切新道でかいてしまった汗も阿曽原温泉で再びスッキリ  一回の山行の行程中で2度も温泉に入るのは初めてです  その晩、暑くて眠りにくいくらい身体が温まりました Srimg9233_4

四日目  その日のうちに帰京しなければならないので、早々に阿曽原温泉を出発です

阿曽原温泉から欅平までは、水平歩道がほとんどで、山歩きに慣れていない方でも歩けそうでした  また、広葉樹が多いので紅葉の時期に歩くと気持ちよさそうです  いつか子連れで再訪したいと思いますS138

4日間の山行中、ほとんど雨に降られなかったのは、奇跡的でした

今年の夏山長期縦走も、気持ちよく送り出してくれたカオさんに感謝感謝です

kuma

 

2011年8月22日 (月)

2011 夏山縦走 剣岳 その壱

今年も夏山縦走に行きました

場所は、北アルプスの剣岳  友人のH氏とともに3泊4日の山旅です

初日の登りは早月尾根  登山口の馬場島から山頂まで高低差は、2259メートル  北アルプス三大急登の一つといわれるだけのことはあります  初日は、早月小屋までです

Srimg9053_2標高1600メートルくらいまでには、屋久杉に負けないくらい立派な杉も目にしました  豊かな自然を実感です

登山口の標高が低いので 小屋に着くまでアブなどの虫と格闘が続きましたが、大きく天候が崩れることもなく無事、早月小屋に到着  その日は雲が多いながらも綺麗な夕焼けを拝むことができたので、翌日の好天も期待しましたSrimg9069

翌日は、山頂での混雑を避けるために、3時40分に早月小屋のテント場を出発  山頂一番乗りを目指しました(笑)

あいにく早朝は山頂の方にはガスがかかっていて 半ば眺望を諦めながら登りましたが、その日は行動時間が短かったので、山頂でガスが切れるのを待つことに

粘ること約2時間  午前8時頃になると、陽光で温められたガスが昇りだして、眺望が開けました!  立山の山々が眼前に開けます  粘り勝ちです♪Srimg9107_2

十分 山頂からの眺望を堪能した後、剣沢方面に下山  剣山荘で一休みした後、剣沢雪渓を下って、その日は真砂沢ロッジでテント泊です

山頂で2時間も滞在することは、通常はないのですが、この日は、たまたま行動時間が短かったので可能となりました  偶然の巡り合わせでしたが、これも日ごろの行いのお陰でしょうか(笑)

三日目以降は、また日を改めて、書きたいと思います

kuma

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »