« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月25日 (月)

朝採りキュウリを楽しむ

初夏が近づきつつありますね。

そんな折、患者さんのAさんから、朝採りキュウリをいただきました。  青々していて、いかにも新鮮そのもの♪

Photo_4頂いたその日に生で一本いただきました。 しっかりした味に、さすが無農薬自家製肥料の深みを感じます。

で、残りの二本は、塩こうじに漬けてみました。

塩こうじは、今や我が家の定番調味料になっておりますが、キュウリをつけるのは初めてのこと。

Photo_5


キュウリの重さの約10%の塩こうじでキュウリを揉み込んで寝かすこと一晩  食べてみると、その奥深い味わいに けっこう感動です!

キュウリの旬となりつつある この頃  キュウリの塩こうじ漬けが我が家の食卓に上がることは増えそうです。

朝採りキュウリを、その日に わざわざ届けていただいたAさんには、いつも感謝しております。 ありがとうございました。

kuma

2012年6月18日 (月)

梅雨の花を愛でる

昨日のお休みに、紫陽花を観賞しに鎌倉まで足を延ばしました。

場所は、あじさい寺として有名な「明月院」

Srimg0742ちょうど見頃でしたし梅雨の晴れ間であったので、混み合うと考え、朝早く出発です。

明月院の紫陽花の多くは、「姫あじさい」  日本古来からの紫陽花で、淡い青から、日毎に青きを増して、最後は母なる色 空の青 海の青に染まり大地に還るとのこと。

明月院では、意図的に悠久の青「姫あじさい」を心をこめて育てているそうです。

うちの娘は、花を愛でるのがけっこう好きで、普段の近所の散歩でも季節ごとの様々な花を楽しんでいます。  

Srimg0732先日も、近所のお宅の紫陽花を母子で楽しんでいたら、そのお宅の方から紫陽花を分けていただいたとのこと。  さっそく、末廣堂に飾りました。 姫あじさいではありませんが、姫あじさいのように綺麗な青色が爽やかで、気に入っております。

四季のある日本に生まれたからには、四季折々の花を愛でる心を忘れないようにしたいものですね。  うちの娘にもその心が育つことに期待します。

kuma

2012年6月11日 (月)

パーキンソン病に頭の鍼

パーキンソン病をご存じでしょうか?

中脳黒質緻密質のドーパミン分泌細胞の変性が主な原因とされています。  簡単にいえば、脳から放出されるべきドーパミンが出ないことが原因といえます。

症状としては、身体動作がスムースに行かない、筋肉が硬直する、静かにしていると手に振るえがでる、便秘などがあげられます。 

このパーキンソン病  要は、脳のトラブルです。  そこで思いついたのが頭に鍼をすること。

以前に勤めていた鍼灸院の先生が、頭の鍼を重視していて、脳梗塞の後遺症で片麻痺になっていた方の症状をかなり改善されていたのを、応用できると思ったのです。

で、結果はかなり有効であることが分かりました。

初診時には、歩行時に身体が右に傾いていて足がスムースに前に出ず、着替えるときも衣服の着脱がスムースにいかずご家族の補助が必要な状態でした。

それが、1回の治療で、身体の傾きがほぼ解消し足取りがよくなりました。

驚いたのは、初診時には、ベッドに横になるのすらスムースにいかなかった状態でしたが、3回目の治療中にトイレに行くために、ご自身だけでベッドから降り、トイレに向かわれたのです。

そして、特筆すべきは 鍼をしたのが頭だけであること。  スムースに動かない手足などには鍼をしていなくても効果があったことです。

頭に鍼をするといっても、頭皮に浅く鍼をするだけ。  鍼によって脳に氣が誘導されたのではないかと考えてます。

脳梗塞やパーキンソン病に効果があったことを考えると、様々な脳のトラブルに頭の鍼が有効ではないかと類推できそうです。

今後も、脳のトラブルに頭の鍼を実践して、症例を積み上げていきたいと思います。

kuma

2012年6月 6日 (水)

浜デビュー

先日のお休みに うちの娘は、浜デビューを果たしました

場所は、鎌倉の由比ヶ浜

ふと思い立って、娘に海を見せてあげたくなったのです

Srimg0659海を見せるだけではもったいなかったので、近くの鎌倉文学館にも足を延ばしました  ちょうど、バラの季節でバラと緑 趣のある洋館  海からの風が気持ちよかったです

様々な種類のバラが咲いていて、色も花の大きさも様々  バラが昔から人々に愛されて、色々なバラが生み出されてきたのでしょうね 

鎌倉文学館を堪能し、昼食をとってから、いざ由比ヶ浜へ

娘は浜を目にすると、じっと見入っていました  初めて浜に自分で立って水平線を眺めた時の気持ちは、どのようなものか。。。

Srimg06762_2娘は寄せる波に臆することなく不思議そうに水平線を眺めておりました

私たちも靴を脱ぎ、一緒に波打ち際を散歩です

引き波のときに 砂が足を舐めるように引いていく感覚が面白いのか、娘も波打ち際がまんざらでもないようで、楽しく3人で歩けました♪

今度は、エメラルドグリーンの海でも連れていきたくなった一日でした

kuma

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »