« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月26日 (木)

トマトの季節ですね♪

夏の野菜といえば、私は、まず トマトが頭に浮かびます。

そのトマトに含まれるものといえば、リコピン。  ご存知の方も多いと思いますが、かなりの優れものです。

リコピンの抗酸化力はビタミンCの1000倍とも言われてます。 さらに、熱にも強いので様々な料理でも、その抗酸化力は失われません!

夏なると、生でジューシーなトマトを食べたくなります。

そんな折、患者さんのAさんから、今年もトマトをいただきました。  無農薬で自家製肥料の貴重なトマトです。Photo

頂いてみると、期待を裏切らない美味しいさです♪  親子3人で、あっという間にいただいてしまいました。

127_6で、我が家でも、遅ればせながら ミニトマトを育てはじめました。  コンパニオンプランツのバジルも一緒です。 

最近知った方法なのですが、プランターを使わずに、ビニール袋を使っております。   

毎朝の水遣りは、うちの娘のお仕事です。  生き物を育てて、その成長を見守ることは、子供にとっていい刺激になることでしょう。

8月に入って、我が家のミニトマトが食べ頃になるのが、待ち遠しいです。

kuma

2012年7月22日 (日)

日常的健脚作りのススメ

先日、編笠山・権現岳の縦走の記事でも予告しましたが、久々の登山でも快調に歩けた訳をお伝えしたいと思います。

私は、治療院での施術で 6時間くらい立ちっぱなしのことも多いですが、普段 あまり歩けていません。 

ですが、快調に山歩きができます。 この訳は何か!  ポイントは、いかに日常生活で足腰を鍛える工夫をするか、にあります。

下半身には、全筋肉の70%があると言われてます。 筋肉は熱を生むので、足腰を鍛えておけば、冷え症の改善が期待できます。 

筋肉量が増えれば基礎代謝が上がるので、ダイエットにも効果的♪  ちなみに、今回の登山後の私の体脂肪率(←タニタの乗るだけの体重計で測りました)は、6.3%です。 ちょっと落としすぎかも (汗)

また、どのような動物でも脚から弱っていきます。  その意味で、登山に興味のない方も足腰を鍛えることは大切です。

では、私が日常的にしている健脚作りの方法をお伝えします。

1.階段を見つけたら、喜んで利用する。  

これを地道にすることで太ももとお尻の筋肉を鍛えることができます。  私は、駅でもビルでも階段を見つけると、ウキウキして上り下りしております。  登山をする方にとっては、下りが特に重要で、太ももの筋肉を伸ばしながら負荷をかける(伸張性収縮といいます)ことは、下りの動作の中でしかできません。  これを意識的にやっていないと、山の下りで膝が笑います。  重い荷物を持っている時こそ、階段を使いましょう!

うちの娘も 段差を見つけると、果敢に挑戦していきます♪Srimg05602 

2.腰を曲げずに腰を落とす。 

床にあるものを拾ったり、床の近くで作業したりするときには、腰を曲げる(前屈)ことなく、膝を曲げて腰を落とすようにしています。  そうすれば、かなり太ももとお尻の筋肉を鍛えることができます。  ちょっとしたゴミを拾う時にも、これを徹底するのです。

3.施術時に体構えを意識する。 

私は立って施術しますが、脳天から上に向けて紐でつるされているような姿勢を維持する工夫をしています。   具体的にいいますと、ついつい、施術部位が低いところにある場合、覗き込むように背中を曲げてしまいそうになりますが、膝を曲げて腰を落とすことで、上記の姿勢を維持するようにしています。   それにより、日常的に脚腰を鍛えることができますし、首・背中・腰への負担も減らせるので、一石二鳥です。

話が少しズレますが、脳天から上に向けてつるされているような姿勢を維持することは、デスクワークの方にも参考になるでしょう。   ついついPCのモニターを覗き込んで背中が丸くなっていると、首から背中の真ん中くらいまで緊張が続いて疲れてしまいます。   ですが、脳天からつるされている感じを維持できれば、最小限の負担ですむことでしょう。

4.トイレでは、便座を使わない。

自宅も当院もトイレは洋式ですが、私は便座を使わずに、いわば「空気椅子」の状態で用を足します。   これが、なかなかキツくて、少し便秘気味のときには、大変です(笑)

と、まあ色々と工夫をしてます。

けっこうキツイ時もあるので、ついついサボりそうになりますが、このまま頑張れば 娘の運動会に父親として参加する時に 恥をかかずに済むかな?! なんていうのも、大きなモチベーションとなって頑張っております。

ご参考になれば、幸いです。

kuma

2012年7月20日 (金)

半白キュウリにも塩こうじ♪

患者さんのAさんから、半白キュウリなる珍しいキュウリをいただきました。

ご覧のとおり、おしりの方が白くなってます。Photo_3

Aさんのお父様が昔ながらの品種をタネから育てたものだそうで、スーパーなどでは見たことありません。

Aさん曰く、この半白キュウリは、久が原に近い馬込で生まれたキュウリとのこと。 ふつうの青いキュウリよりも味がよいとのご感想です。

で、この半白キュウリ まいどのことながら、塩こうじに漬けてしまいます♪

塩こうじに漬けて冷蔵庫でねかせてみてみること一晩  

なかなかしっかりした味わいでした♪Photo_2
私は、キュウリを塩こうじに漬けるときは2本は同時に漬けてみて、1本は翌日に浅漬けで。 2本目は2~3日漬けて古漬けにしてみています。

こうすると、同じキュウリでも違った味わいで楽しみ倍増です。

美味しい半白キュウリ  Aさん、ありがとうございます!

kuma

2012年7月17日 (火)

編笠山~権現岳 縦走

今年の海の日

久しぶりに登山に行きました。 昨年の11月の西丹沢以来なので、約9ヶ月ぶりです。

場所は、南八ヶ岳の編笠山と権現岳。  観音平~網笠山~権現岳~三ツ頭~観音平、と縦走しました。  

登山地図のルートタイムでは9時間のところを、約7時間(午前5時に出発し午前11時45分に到着)で行けたので、我ながら そこそこ頑張れたかな(笑)。

権現岳登頂までは、ガスで視界がききませんでしたが、三ツ頭に着くころには、ガスも切れ眺望が開けました。

網笠山は、ご覧の通り、編み笠を伏せたような形をしています。なだらかで女性的ですね。Rimg1304

で、こちらが権現岳。 右はじが山頂です。網笠山と比べると、荒々しい山容が男性的です。Rimg1305

他にも、富士山も雲海に浮かんで綺麗に見えました。 富士山って、どの山に登っても見ることができるとトクした気分になるのは、私だけでしょうか?!Rimg1303

日本で、二番目に高い北岳も雲間から顔を覗かせています。Rimg1298

観音平から権現岳までのルートは、比較的 岩場が多かったのですが、三ツ頭から観音平までは、樹林帯が多く 個人的には、緑に囲まれて歩ける後半の方が楽しかったです。Rimg1318

S23


久々の登山にしては、快調に歩けましたし、天気もそこそこよかったので、大変満足のいく登山となりました♪

久しぶりなのに、これだけ歩けたのには訳があります!  それについては、また近々書きたいと思います。

今回も、気持ちよく送り出してくれた カオさんには感謝感謝です! 

今度は、親子3人で長野の高原を目指します♪

kuma

2012年7月13日 (金)

青菜に塩こうじ

現在、我が家では自然農法で作られた野菜セットを注文しています。

その中には青菜がたくさん入っているのですが、大根の葉、カブの葉、ニンジンの葉などは、サラダにするには硬すぎます。

では、どうするか?

最近は、塩こうじに漬けております。

塩こうじに漬けると、塩と麹の酵素のためか硬い葉物もしんなりしてとても食べやすくなります。  しかも、深みのある味わい。

これは、大根葉の塩こうじ漬け

Photo_2

で、これが、にんじん葉の塩こうじ漬け  

Photo_3最近は、我が家では、青菜の塩こうじ漬けがご飯のお供となっております。

青菜に塩 ならぬ、青菜に塩こうじ

おすすめです♪

kuma

2012年7月10日 (火)

ビワ葉を煎じて水毒対策♪

梅雨の中、蒸し暑い日が続いてますね。

このような湿度の高い日々が続くと、湿度のために身体に不調をきたしかねません。  東洋医学では、それを水毒(もしくは湿邪)といいます。

水毒が溜りすぎると、身体がだるくなることが多くなります。

また、胃腸に不調をきたすことが多く、日本人は体質的に胃腸の弱い方が多いので、今の時期、体調を崩す方は多いです。

この水毒に対して、ビワ葉に効果があることをご存知でしょうか?

中国の明の時代に書かれた「本草綱目」という書籍によると、ビワ葉には胃腸の毒を流す効能があるとあります。

Photoまた、枇杷葉湯(びわようとう)という飲み薬が、江戸時代に京都や江戸で流行りました。  飲み薬といっても、ビワ葉に甘草や桂枝(けいし)などの生薬をブレンドした民間薬。  夏負けや日射病、軽い食あたりを予防する効能があったようです。

ビワを煎じると赤茶色の煎じ汁ができますが、東城百合子先生の「自然療法」によると、「ビワ葉を煎じて飲むとぜんそく、胃腸によく、内臓その他の痛みによい」 とあります。

このように、胃腸によいとされるビワの葉

末廣堂で治療後にお出しするお茶や我が家のお茶にも、よく登場します。  ビワ葉だけを煎じることもありますが、よくするのは、三年番茶とビワ葉をブレンドしたお茶です。

ビワ葉だけだとハーブティーのようになり抵抗のある方おられるでしょうが、番茶がベースとなると、より飲みやすくなると思います。  熱を加えるとビワ葉からは配糖体が生まれるので、お茶に ほのかな甘みが生まれます。 けっこう好評です♪

当院の鍼灸治療では、温灸と組み合わせて治療にも取り入れておりまして、お世話になりっぱなしです。 ビワの葉温灸については、こちら↓

http://homepage3.nifty.com/harikyu-suehirodou/biwa.html

感謝をしつつ、これからも恩恵を受けさせてもらいたいと思います。

kuma

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »