« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ツボの顔

ツボというと、どのようなイメージでしょうか?

指で押してみて 「痛いところ」 とか 「気持ちいいところ」

というイメージをもっている方が多いのではないかと思います。

たしかに、 「痛い」 とか 「気持ちいい」 という感覚がないと反応点として分かりにくいでしょうから、もっともなことです。

ですが、ツボには 「無感覚」 という顔もあるのです。

押してみても、感覚がないくらい硬くなってしまっているところ とか

押してみると、押した指がズブズブどこまでも沈み込んでいってしまうようなところ

が 「無感覚」なツボの代表です。

「私は肩こりになったことがありません」 という方の肩を触診してみると、ガチガチの肩をしていることは、よくあります。  肩こりを「感じることができない」くらい肩の筋肉が緊張しているのが実情です。

では、「痛い」 「気持ちいい」 「無感覚」 どの順番で状態が悪いのでしょうか?

答えは、軽い方から並べると 「痛い」 → 「気持ちいい」 → 「無感覚」 となると言えます。

これは、おそらく、一般的な感覚とは逆ではないでしょうか? 

この感覚の食い違いが生じる原因は、痛みの意味のとらえ方の食い違いにあります。  痛み自体を悪と考えるか否かです。

鎮痛剤を多用する方が多いことからすると、一般的には 痛み自体が悪として、痛みさえ除ければよいと考えられていることでしょう。 

ですが、痛み自体は、身体の異常を知らせる警告であり、痛いと感じることは大切なこととです。  悪いのは痛みを生じさせる原因に過ぎません。

「痛い」と感じているのに、それを無視して無理をしつづけていると、身体が警告を発することを諦めて、次第に「痛いと感じることができなく」なってしまいます。  これは、おそろしいことです。

感じることができない = 死に近づいている  ともいえます。

無感覚になるくらい身体が鈍くなった状態を放置すると、いずれ大きな病を引き起こしかねません。

ツボが「痛い」という顔をしているうちに、身体の警告に耳を傾け、身体をケアすることをオススメいたします  (o^-^o)

kuma

2013年2月13日 (水)

鍋焼き山行

今週の月曜日  久々に登山に行きました。

場所は丹沢の塔ノ岳と鍋割山 
蓑毛~塔ノ岳~鍋割山~二俣~大倉 と縦走しました。 約9時間の山旅です。

先月の大雪のためか、塔ノ岳山頂付近は けっこうな残雪!Rimg4657

表尾根の北側の斜面は、アイスバーンになっているところもRimg4648

ストックがあれば、アイゼンなしでも行けそうでしたが、今回は(も?)タイトな行程なので、アイゼンを着けて距離を稼ぎました。

塔ノ岳山頂では、雪化粧の丹沢主脈を堪能ですRimg4662

雲間から富士山も顔を見せてくれました♪Rimg4661

今回の山行でのお楽しみは山食も。 

行動食では、kaoさんの手作りパン  ココア味のクマさんパンです♪Rimg4643

で、今回の山行のメインのお楽しみは、鍋割山頂にある山荘の名物「鍋焼きうどん」Rimg4668

大きなカボチャのテンプラが二つも入っていて、なかなか豪華でした。

久々の山行なので、脚はかなり疲れました。 普段から それなりに鍛えているつもりでしたが、甘かったです(汗)

いつも山には鍼を持っていくのですが、今回はかなりお世話になりました。 そのことについては、また別に書きたいと思います。

毎度のことですが、リフレッシュさせてくれたkaoさんには、感謝感謝です。

kuma  

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »