« 今年最後の大根 | トップページ | 桜の季節ですね♪ »

2013年3月16日 (土)

「ありがとう」のススメ

先日、ある患者さんから よい話を聞きました。

その患者さんは、花屋の社長さん(以下、Sさん)なのですが、治療中に、Sさんのお話を聞いていると、仕事もプライベートも とてもポジティブなのです。

で、私が、「こんなご時世なのに、Sさんはもの凄く前向きですね。 Sさんの近くにいるだけで、運気が上がりそうです。」と言うと、

Sさんは、「そういう顔をしているのが、社長として大切じゃないの。 嫌なことがあっても、『ありがとう』って感謝して前向きに捉えないとね」 と答えられました。

サラリとそういわれると その通りだなと思うのですが、実際「行うは難し」です。

夫婦喧嘩をした時でも。。。

耳が痛い話を言われると、頭では「その通りだな」と思いながらも、生来の負けず嫌いが顔をもたげて、口が勝手に反論をしてしまうことも多々あります。。。

指摘してもらって「ありがとう」と 素直に言えたら、どんなにいいことか(笑)Srimg4975_2

ふだん、妻に素直に「ありがとう」と言えないので、先日の妻の誕生日に花を贈りました。 こういうきっかけがないと、なかなか「ありがとう」と言えない自分も困ったものですね。

いいことがあっても、嫌なことがあっても、「ありがとう」

言えるように精進いたします!

kuma

« 今年最後の大根 | トップページ | 桜の季節ですね♪ »

日々の雑感」カテゴリの記事

コメント

 平仮名で、五文字のことなのに、感謝しようとすると、無理があります。自分より若い者から、してやっているんだ、ありがとうを言ったら?という態度には厭な思いの方が多いでしょう。その言葉が言えないことも、素直な気持ちなのではないのでしょうか。介護の仕事をしていると、本当に何気ない言葉でも、相手を傷つけたり、広がる闇のような想いを持ってしまうのです。相手がどういうことを望み、添ってあげられるかは心がけ次第です。
 例えて、可愛い・上手ね・できたの等は禁句でしょう。服を誉めたり、髪型を言い表す、美しい日本語を知っていたいと思います。同じ言葉でも、感情が入れば労りや、同情にも変化します。最近は、至るところで日本語が乱れ、矢鱈と“お”をつけ、いただくが飛んでいます。心の籠もった言葉使いができるよう意識したいと思います。

 kaoさん、お誕生日おめでとう

仰られる通り、「相手がどういうことを望み、添ってあげられるか」が大切なのだと思います。
形だけ「ありがとう」と言っても意味ないですよね。
これまた、言うは易し、行うは難し ですが(^-^;

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」のススメ:

« 今年最後の大根 | トップページ | 桜の季節ですね♪ »