« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月18日 (日)

今年も行きました 川遊び ♪

この前の月曜日 昨年も行った丹沢の川遊びに行きました。

今回は、お盆で帰省していた娘の従兄弟たちと一緒です。

お盆だからか、昨年よりも混んでいて、ちょっと雰囲気が違います。138120

ですが、水の綺麗さは変わりません。 流れが緩やかなので、今年も安心して遊べました♪

昨年の娘は、抱っこして水に浸からせるので精一杯でした

ですが、今年は、1人で水の中にダイブです! ぐ~っと身構えて~138123

ザブ~ン!138124

かなりご機嫌です(笑)

従兄弟達も 岩の上から川の中にジャンプを繰り返しておりました。1381222

長野の川遊びに慣れているとの話でしたが、それでも楽しんでもらえたようで、よかったです。1381223

kaoさんも最初は渋っておりましたが、今年は、一番高い岩の上からジャンプ!Rimg8179

その後、ジャンプの快感にハマッたようで、自ら進んでジャンプをしておりました。

もちろん、私もジャンプしまくりですけどね。Rimg8362


アッいう間に4時間位 過ぎてしまいました。 楽しいひと時でした♪

後日談ですが、 娘は、ふと思い出したかのように 「 また、深い川に行こうね~ 」などと言っております。

まだまだ暑い日々が続きそうですので、チャンスがあれば、近いうちにまた行きたいと思います。

kuma

2013年8月15日 (木)

土の恵み

お盆になりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。

暑さで火を使うのも避けたくなってきた頃に、エネルギー溢れる頂き物を送っていただきました。

長野で半農半鍼灸(両方とも本格派!)をしている友人、春風館養生所の春風さんより収穫物をいろいろ送っていただきました。Photo

熱心に土づくりから研究されているだけあり、どれも本当に美味しくいただきました。

毎年土づくりにいろいろな工夫をされていらっしゃいますが、今年は「えひめAI(えひめあい)」という、愛媛県職員の曽我部義明さんが考案した、身近な食品で簡単に作れる微生物資材を用いられています。
えひめAIの当初の目的は瀬戸内海の汚染の解消でしたが、今や農作物の病害防除や生長促進、生ゴミや下水の消臭などにも優れた効果があることが知られています。
材料はヨーグルト、白砂糖、納豆、ドライイースト、ぬるま湯だけ。35℃~40℃を保って24時間で出来上がる、ということです。

その効果は上々のようです。 例えばメロン一つとっても、例年の「うどんこ病」が少し出たものの、丁寧に葉面散布していたら、全く拡大の様子がない。Photo_2

また、昨年までは茎が褐色に侵されていく「つる割れ病」にも悩まされていたのが、今年はつる割れ病の兆候が全く見られないとのこと。
外に水稲や別の果樹、薔薇でもその効果を実感されているそうです。

化学物質を使わない健康にも環境にもよい資材、理想的です。 何事も工夫は大事ですね。

貴重な食材をいただくと料理もやる気が出ます。 しっかりしたものを頂いて、お蔭様でこの一週間で元気になれました。 こう蒸し暑くては消化機能も落ちて食欲が減ってくるのは自然ですが、少なめでも基本の食事をしっかりとることはとても大事なことですね。

夏によく作るのがラタトゥユ。Photo_3

去年はトマトのホール缶で煮込むのが気に入っていましたが、今年はもっぱらフレッシュトマトを使っての炒め煮をつくっています。 酸味を利かせたよりシンプルでさわやかな夏らしい風味が気に入っています。 調味料は油、塩、少しの残り物の味噌汁。初めにゆっくり炒めて野菜に油をなじませ、塩で野菜の甘味、旨味を引き出せば、余計な調味料はいらないのだなと実感できる味です。 頂き物のお野菜で作ったら色も鮮やか、子供も沢山食べてくれました。

奥様お手製の味噌と梅干しも夏バテ防止に効いています。Photo_4

娘は、この味噌でつくる味噌にぎりを気に入って、よくおやつにいただいています♪

貴重なものをどうもありがとうございます。暑さに精神的に参っていた身体に活がはいりました!

kao

2013年8月 5日 (月)

暑気払いに 甘酒豆乳

8月に入り、また暑い日々が続いてますね。

そんな暑い昼下がりには、 「甘酒豆乳」 がオススメです♪Rimg7752

レシピというほどのものではありませんが、 適量の甘酒を適量の豆乳で割って、混ぜながらいただきます。

甘酒の量と豆乳の量の割合ですが、個人的には甘すぎるのが苦手なので、甘酒1:豆乳2 くらいで楽しんでおります。  ほどよい甘さが、ココナッツミルクのようで美味です!Rimg7751

甘酒といっても、酒粕を使うタイプではなく、米麹と水だけで作るタイプを使います。  ですから、子どもでも大丈夫♪

甘酒の材料の米麹は、アミノ酸たっぷりの発酵食品なので、夏バテ対策にもなりそうです。  豆乳は、食品の性質からして体を冷やす作用があるで、夏ならクールダウンが期待できます。

また、甘酒の甘さは 米由来なので、多糖類の甘味です。 多糖類は、白砂糖や清涼飲料水の液糖などの単糖類よりも、血糖値の上昇が緩やかなので、膵臓への負担が少ないのもいいですね。  

血糖値の乱高下がなくなるので、多糖類の甘味をオヤツにする方が、キレにくい子どもにもなるといえますよ。

と、まあ 甘酒は、色々と優秀ですね。

夏の暑気払いに 甘酒豆乳

オススメです (o^-^o)

kuma

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »