« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

愛国米と純米酒「思愛」

仙台の友人から貴重なお米とそのお米で作られた日本酒をいただきました。Srimg10538_2

そのお米とは、現代のコシヒカリ、ササニシキ、ひとめぼれなどの先祖の一つである「愛国」

宮城県南部に明治時代に誕生した品種だそうです。

日本育種学会では、コシヒカリの粘りの源が「愛国」由来であると発表されています。

このお米 誕生のきっかけを作ったのは、友人の旦那さんのご先祖様。

旦那さんは、そのルーツを大事にされて、受け継いだ田んぼで そのお米を育てるようになったそうです。 

そして、その3年後より そのお米で仕込んできたのが、純米酒「思愛」

偶然にも 友人ご夫婦のそれぞれのお母様のお名前が愛子さんで、お米の「愛国」という名前に通じます!  そこで、そのお二人で酒瓶のラベルの漢字と平仮名を書かれたそうです。

多くの方々の想いの詰まったこのお酒、スッキリと爽やかな後味で、格別な味わいがありました。

その元となった「愛国」も、さらりとした甘味のおいしいお米で、それがお酒となるまでを思うとさらに味わい深いものがありました。

大変ごちそうさまでした!

kao

ここで、一句

「するすると 温もり喉をつたわって 思いと愛が肚に染み入る ♪」

kuma

2014年1月21日 (火)

お言葉 2014

毎年のことになりますが、気功師でもある僧侶の小林照幸先生から、年頭のお言葉を頂きました。

毎年のことですが、頂くときには、ワクワクもし ドキドキもします ♪

まずは、私自身に対しての お言葉Rimg10378


「 真と信 信ずる事と今年一年 」

です。

「何かを信じるか否かの判断は、真理に従いなさい」

との意味に理解しました。

「真理」とは何か。。。そこの判断が大切になりそうです。

人生の心理、この世の真理。。。奥が深いです。  今年一年も、色々と想いが巡りそうです。

次に、うちの家族に対しての お言葉Rimg10379

「 和日(わび) 」 です。

「日々を大切に過ごしていくことが、家族の和(円満)に繋がる」

との意味に理解しました。

ついつい日々に流されてしまいがちなので、肝に銘じて一日一日を過ごしていきたいと思います。

今年のお正月に引いたおみくじでは、家族3人とも「末吉」

今年後半になって運勢が上がってくるとのこと。 前半は無理をするな、とありました。

先生のお言葉におみくじの内容を加味して、今年1年の1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。

kuma

2014年1月12日 (日)

幸せのお裾分け

少し前の話になりますが、患者さんのHさんから、自家製野菜と美味しい生ハムを頂きました。

Hさんは、某農業大学の職員さんで、ご自宅のお庭では、果樹を育てられていて、近くの市民農園で沢山の野菜を育てられているとのこと。  もちろん、無農薬です ♪

立派な大根、聖護院(しょうごいん)大根、小松菜 をこんなに沢山頂きました !Rimg10094

小松菜の葉の色の濃さと厚さにビックリです ♪Rimg10096

そんな小松菜は、大活躍です。 まずは、おひたし。Dsc_0159

高野豆腐とのシンプルな一品ですが、野菜の味がしっかりしているので、とても美味しくいただきました。  

その他、パスタの具としても活躍してくれました。 とても甘味のある小松菜であります。

聖護院大根は、あえて大きくなる前に採取してくださったようで、カブのように頂くと美味しいとのお話でした。 Rimg10116

シンプルに味噌汁の具としても、味がしっかりしているので、グーです !

大根の葉は、皿うどんの具としても、これまたグーです (しつこいかな。。。) !Rimg10245

炒め物としても、よし です♪Rimg10241

大根は、冬の定番のブリ大根にRimg10255

大根の甘味をしっかり味わえました ♪

Hさんが絶賛する生ハムは、知る人ぞ知る 平田牧場のブタの生ハムです。Rimg10154_3

Hさんのオススメの食べ方にならって、大根を生ハムで巻いて、オリーブオイルを垂らして頂きました。

たしかに、臭みがなくて美味しい生ハムです。 塩気が強いので、子供にはまだ早いですね。 大人の味です ♪

Hさんは、かれこれ20年以上、野菜や果物を育てられているとのこと。 今回頂いた野菜を味わってみると、なるほどという感じです。

また「生活クラブ」という食材の宅配業者さんから定期的に良質な食材を購入されているとのことで、ご自宅での食事が最高だから、外食は殆どされないとのことです。

Hさんのような食生活こそ、本当に幸せな食生活なのかもしれませんね。

そんな幸せのお裾分けをしていただけて、感謝であります (o^-^o)

kuma

 

2014年1月 7日 (火)

2014 初登山 ♪

今週の月曜日 久々に登山に行きました。

場所は、丹沢の塔ノ岳 

ルートは、大倉~三ノ塔尾根~三ノ塔~塔ノ岳~大倉尾根~大倉 7時間45分の行程です。  

小田急線の渋沢駅を出ると、ちょうど丹沢の山々が朝日で赤く染まっていました。 今回も私の晴れ男ぶりは健在です(^^)Rimg10206

三ノ塔尾根を登るのは初めてでしたが、人のいない静かな尾根歩きとなりました。Rimg10214

会ったのは、シカ一頭だけ。Rimg10216

三ノ塔につくと視界が開けます。Rimg10223

塔ノ岳は、うっすら雪化粧。Rimg10222

絵に描いたような富士山も冬の澄んだ空気の中、綺麗に拝むことができました ♪

三ノ塔名物のお地蔵さんも、冬支度ばっちりですね~Rimg10225

なかなかオシャレなニットを着ておられます (^^)Rimg10224

お地蔵さんは、ここから いつも富士山や塔ノ岳を見て、登山者の安全を祈ってくれているようです。

三ノ塔から新大日までの間は、カチカチ と ドロドロ 。  

北側の斜面はカチカチなアイスバーン。Rimg10227

Rimg10217_2で、南側の斜面は溶けた雪で、酷いぬかるみです。 靴底に泥がこびりついて、グリップが利かなくなる程です。Rimg10231

ですが、塔ノ岳山頂に近づくと、綺麗な雪景色となりました ♪Rimg10235

振り返ると、遠く相模湾も一望です。Rimg10229

塔ノ岳山頂でも、綺麗な富士山を堪能。Rimg10236

さすがに、山頂までくると、他の登山者に会えました。Rimg102392

さらに、山小屋に荷揚げしているボッカさんにも遭遇。Rimg10237

荷物の多さにビックリです! これを見れば、山小屋の飲食物が高めなのも分かりますね。

今回は、半ば自分の治療のための登山でありました。

昨年末から、仕事に忙殺されて治療院に籠りっきりだったので、自分の身体の中の巡りが極端に悪くなっているを実感していたのです。  もちろん、山に行きたい!という気持ちからの精神的ストレスも溜まっておりました。

そんな訳で、今回も、カオさんのお言葉に甘えて、リフレッシュさせてもらいました。

7時間も身体を動かしつづけて、気血の巡りをよくすると、心身が軽くなります。  やはり、養生として運動は、とても大切ですね。

お蔭様で、年始から気持ちよく仕事に臨めます!

いつものことながら、カオさんには、感謝です (o^-^o)

kuma

2014年1月 3日 (金)

あけまして おめでとうございます 2014 ♪

東京は、快晴に恵まれ、穏やかなお正月ですね。

最近の我が家のお正月は、遠出することもなく、家族・親戚とのんびり過ごしております。

カオさんの手作りのお節料理で、一年の始まりです。Rimg10155

黒豆や栗きんとんは、極力甘味を抑えておりますが、そのお陰で素材の味がよく分かります。Rimg10156

今年は、伊達巻きも、手作りに挑戦です! 市販の伊達巻きのあまりの甘さに我慢できなかったのもあり、とても美味しく頂けました ♪

黒豆・栗きんとん・伊達巻き。。。この三つは、ほとんど娘のお腹の中に入っていきました。。。(^^;  やはり、子供は甘いものが好きですね。

初詣は、池上本門寺へ。Rimg10131

流石の人出でしたが、娘が獅子舞いを見たいというので、足を運んでみました。Rimg10132

本門寺近くの養源寺で、「池上獅子保存会」が獅子舞いを披露してくれているのです。

実は、私も獅子舞いを直に見るのは初めてです。Rimg10134

獅子舞いに頭をかじってもらうと、その年は無病息災で元気で過ごせるという 言い伝えがあります。 

娘にそのことを話ていたら、最初は「怖いから、いかない~」と言っておりましたが、いざ獅子に頭をかじられそうになっても、案外平気そうでしたね(笑)

のんびり、お正月を過ごして、心身共に休まりましたし、また新たな気持ちで、一年をスタートできそうです。

では、本年もよろしくお願いいたします。

kuma

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »